FGC:Episode 07 Translation

From EvaWiki
Jump to: navigation, search

Part A

Scene 01

cut notes dialogue translation
001 ネルフ本部全景 碇(OFF)「-----また君に借
 ができたな」
男(OFF・電話)「返すつもりもな
 いんでしよ。
Panoramic view of Nerv Headquarters. Ikari (OFF): ....Once again I owe you.
Man (OFF・Phone): You won't pay me back, will you?
002A 公務室。電をかけている碇の
 シルエット
報公開法をタテに
迫っていた料ですが、
Official business room. The silhouette of Ikari on the phone. About the data the Freedom of Information Act is pressing for,
002B やたらとりつぶされた使徒の
サンプルにする公式資料
ダミーも混ぜてあしらって
おきました。
An official document about an Angel sample, blackened out at random. I mixed in dummy information.
002C 公務室。電話をかけている
碇のシルエット
政府はで法的準備
ていますが、近日中に挫の
予定です。で、どうです?例
の計画の方も、こっちで手を
打ちましようか?」
Official business room. The silhouette of Ikari on the phone. In a few days, the legality of the government's underside is scheduled to reach an impasse. So, what should be done? Do I carry out with the plan as usual?
003 碇「いや、君の資料を見る限り、
  問はなかろう」
Ikari: No, I've seen the materials you provided. There is no problem.
004 ープルの上の書類
ロボットの頭部のスチール
男(OFF・電話)「-----では、シナリ
       オりに」
Documents on top of the table. A photographic still of a robot's head. Man (OFF・Phone): .....Then, I'll continue with the scenario as planned.
TITLE サブタイトル。
第七話「人の造りしもの」
(ノンモン) Subtitle.
Episode 07 "A Man-made creation."
(Silence)
005 キッチンルの上のトースター。
チンと出てくる焼けたトースト
SE<(タイマー音)チィ~~~~ッ>
SE<チン!ガシャッ!>
The toaster on top of the kitchen table. Burnt toast pops out with a "ding". SE (Timer noise) Diiiing
Ding! (With a crack!)
006 手にしたトーストをかじるシンジのUP SE<カジッ> Close-up on Shinji biting the toast in his hand. SE Crunch
007 同じくペンペン。魚をかじる SE<<カジッ!!> Likewise, Pen Pen eating fish. SE Crunch!!
008 キッチン。ペンペンなめてシンジ。
朝飯食ってる2人。
ぺンペン体を起こして魚を飲み込む
Kitchen. Pen Pen in front of Shinji. The two eating breakfast.
Pen Pen lifts his body as he gulps down fish.
009 キッチンの引き戸がいて姿を現す寝
起きのミサト。
だらしない!ちと猫背でお腹を
リかいてる
SE<サ-----ッ> The kitchen sliding door opens and a rousing Misato appears. She's a mess! She scratches her stomach with a slightly stooped back. SE Sliiide
010 ミサトの御足ごしのシンジとペンペン。
シンジ、一したになるが、
気を取り直して挨拶。
ペンペンはチラとミサトを見るが、見

れた光なのでそのまま何もなかった
の如くを食べる

 シンジ「おはようございます」 Misato's legs in front of Shinji and Pen Pen. Shinji momentarily looks disillusioned, but regroups and greets her. Pen Pen looks at her fleetingly, but this is such a familiar sight that he eats his fish as if nothing's amiss. Shinji "Good morning."
011 実にはしたない姿で、これまた恥ずか
し気もなく大あくびするミサト。
もグシャグシャ、ショボショボした
ボケまなこで
ミサト「ふあああ
   ああああ…
   (ポツンと)おはよう」
With truly improper form, Misato unabashedly lets out a big yawn. Her hair is a mess and she has drooping, half-asleep eyes. Misato "Yawwwwn... (Spacing out) Morning."
012 れた手つきで栓をける手のUP SE<プシユッ!> Close-up on an experienced hand popping open a tab. SE Pop!
013 ゲンメツしたのシンジ ミサト(OFFよりスタート)
「んぐんぐんぐ。
Shinji with a disillusioned look. Misato (Start from OFF) "Gulp gulp gulp gulp
014 朝っぱらから快にビールをいただく
ミサト。
派手なアクションで飲み終える。
朝っぱらから幸せをかみしめるミサト
んぐんぐんぐんぐんぐ。
 
ぷは
クーツ。
朝一はやっコレよね♡」
Misato heartily partaking of her early morning beer. She finishes drinking with an exuberant motion. Misato reflects upon her early morning happiness. gulp gulp gulp gulp. Fwaa~ Kuuuu~ This is absolutely best first thing in the morning!"
015 ビールなめてシンジ シンジ「コ一ヒーじゃないんで
   すか?」
The beer in front of Shinji. Shinji "Not coffee?"
016 テーブルに身を乗り出し、するミサト
 
シンジはに介さず。ペンペンは々と
何かを食べている
ミサト「日本人はね、っから朝は
 御飯と味噌汁、そしてお酒って
 相場が決まってんのよ」
シンジ「ミサトさんがでしょ」
Misato objects, leaning her body against the table. Shinji is indifferent. Pen Pen is quietly eating something. Misato "In the old days of the Japanese, mornings would have cooked rice and miso soup, as well as sake without fail." Shinji "You mean yours, Misato-san?"
017 シンジのコーヒーカップなめムッと
なるミサト。
気だねコイツの
ミサト「ムッ、何よ」 Shinji's coffee cup in front of a sullen Misato. Her face says, "He's a cheeky one." Misato "Humph, what?"
018 飲んでたコーヒー降ろしてシンジ、淡々
と云う
シンジ「-----だいたい今朝の
Shinji gulps down the coffee, lowers the cup, and speaks plainly. Shinji "-----Being in charge of breakfast this morning was"
019 ミサト、目をそらしてる。バツのそう
(OFF)ダレ Misato averts her eyes. She looks guilty as charged. (OFF) "Whose"
020 シンジ、淡々と (ON)でしたっけ?」 Shinji, speaking plainly. (ON) "Turn?"
021 シンジには珍しく皮。ペンペンは
相変わらず食ぺている
シンジ「-----ミサトさんが、その
   歳で未だに一人なの、わか
    ったような気がします」
An unusually cynical Shinji. Pen Pen eats as per usual. Shinji "-----Now I know why you're still single at your age, Misato-san."
022 怒りをえてるミサト ミサト「悪かったわね。ガサツで」 Misato suppressing her anger. Misato "Well, excuse me for being ill-mannered."
023 冷たく云い放つシンジ シンジ「ズボラもでしょ」 Shinji firing off cold words. Shinji "And sloppy, too."
024 できないミサト。
シンジのコーヒーカップ下へ
ミサト「う、うっさいわね~~」
SE(左で)<コトン>
Misato, unable to formulate a comeback. Shinji puts his coffee cup down. Misato "Sh, shut up."
SE (Left side) Thud
025 ミサトのリアクションは気にせず、
手を合わせてるシンジ
シンジ「ごちそうさま」 Ignoring Misato's reaction, Shinji puts his hands together. Shinji "Thanks for the meal."
026 蛇口のUP。浄水器付 SE<(水)ジヤ~~ッ> Close-up of the faucet. SE < Running water >
027 洗い物してるシンジごしにミサト、イス
の上であぐらかいてパンを食ってる。
 
パンを口から外して続きの台詞。
遠慮してるシンジ。
ミサト照れしにおどけて見せる。
 
葉通りに受け取って軽くショック受
けるシンジ
 
シンジ「ホントに今、学へ来る
   んですか?」
ミサト「(ン食ってるまま)あっ
    たりまえでしよ。
    進路相談なんだから」
シンジ「でも、仕事で忙しいのに」

ミサト「いいのいいの、これも仕事
   だからね」
シンジ「一仕事ですか」
SE<水の止る音>

Shinji washing dishes, with Misato further in, sitting cross-legged on a chair and eating bread.

She takes the bread from her mouth to continue talking.
Shinji is holding back.
Misato jests in embarassment [?].
Shinji takes what Misato said word for word and receives a light shock.

Shinji: "Are you really going to come to school today?"

Misato: "Of course. It's your parent-teacher meeting after all."
Shinji: "But you're so busy with your work."
Misato: "Don't worry about it. This is part of my job too."
Shinji: "It's part of your job?"
SE < Water stopping >

028 ちとウカツな発言だったかと気にする
ミサト
  Misato wondering if that had been a slightly dumb thing to say.
029 水の止まっている蛇口。
落ちそうで落ちない水がポイント!
SE(OFF・左から)<玄の呼び鈴>
ミサト(OFFより)「(明るくヨソ
  行きの声で)ハイ。
The stopped tap. A drop of water looks like it'll fall, but doesn't. SE (OFF, from the left) <Entry hall bell>
Misato (from offscreen): "(casual phone voice) Yes?
030 またもミサトの御足ごしにシンジ。
ペンペン(新のTV欄読んでる)。
奥のカバンを持ったシンジが立ち上がる
…あら、わざわざありがとう。
ええ、少し待っててね♡」
Again, Shinji beyond Misato's legs.

To the side, Pen Pen (reading the newspaper's TV column).
In the background, Shinji stands up with his bag.

Oh, thanks for coming all this way! Yes, wait just a minute. ♡
031 ちと赤くなってるシンジ。
そんなミサトの変わり身の早さが
不機嫌を呼んでいる
シンジ「ミサトさん。そんな格好
   で出ていかないでよ。
Shinji's blushing a little.

Misato's kind of quick-footedness invites his displeasure. [??]

Shinji: "Misato-san, please don't go out like that.
032 シンジなめてミサト (背)恥ずかしいから」 Shinji in front of Misato. (from behind) It's embarrassing."
033 わざとらしく元なぞを隠すミサト ミサト「ハイハイ」  Misato purposefully covers her chest. Misato: "Okay, okay."
034 持ち上がったミサトの胸ごしに赤く
なってるシンジ。
色々と恥ずかしい。
プイッと向こうを向く
シンジ「-----」 A blushing Shinji beyond Misato's raised chest.

He's pretty embarassed.
He faces the other direction.

035 玄関のドア開くと、立ってる
トウジとケンスケ
SE<ドアの開く音>
卜ウジ/ケンスケ「おっはよう、
        碇クン。」
When the entryway door opens, Toji and Kensuke are standing there. SE <Door opening>
Toji/Kensuke: "Good morning, Ikari-kun!"
036 玄関に立っているシンジを押し戻す
感じに顔を出すトウジとケンスケ。
中を覗き込んでバッとすかさず挨拶
 
トウジ/ケンスケ「(ちと大声で)
では、ミサトさん行って来ます!」
They push back Shinji, who's standing in the entryway.
Toji and Kensuke, kind of like they're staging an appearance. [?]

They look inside and greet without leaving an opening.

Toji/Kensuke: "(a little loud) We're taking off now, Misato-san!"
037 トウジとケンスケごしに手を覗かせるミサト。
手だけで挨拶、愛想よく
ミサト(OFF)「(美しく艶っぽい声
     で)行ってらっしゃい」
Beyond Toji and Kensuke, Misato's hand being stuck out.
The hand waves affably.
Misato (OFF): "(in a beautifully sultry voice) See you!"
038 その声に感動しとるトウジとケンスケ。
良く分からないがムッとなる
シンジ(実は嫉妬に近い感情)。
不機嫌な声で2人をせかす
トウジ/ケンスケ「おお~~~」
 
シンジ「早く行こうよ!」
039 蔵庫の中のビールUP。
スッと引き抜かれる一本
(早くも2本目!)
040 お尻で冷蔵庫を閉めるミサト。
バシュンと栓を抜くまで。
朝風呂上がり。首からタオル
SE<ドン(閉まる音)>
SE<ブシュ!>
041 新しいール片手にごちるミサト。
少ししい本音を吐
 
ミサト「皮肉か……
042 坂道を校している3人。
何やら話しながら
(OFF)ま、くだけて情が
えてきたのは、いい傾向かな」
043 2人のごしに笑のシンジ SE<(OFFでプッシュホンを押
  す音)ピッポッパッ~>
044 ビール片手にマジ顔のミサト半面UP。
肩に受話器挟んで
SE<電話の呼び出し音、コ一ル1
  回すぐに受話を取る音>

男(OFF・電話)「ハイ。」
ミサト「今、うちを出たわ。
   後のガードはよろしく」

045 がわりにチンと出るトースト SE<チン!>
046 街中に6の使徒の残
足場が組まれ、解中である
SE<工ノイズ・解体音>
047 ポツンと外を見つめているシンジ。
車の音に気付く
SE<くで工事音
  バックノイズ風>
SE<く車の音>
048 走る車のフロントタイヤUP。ド派手に SE<ババババ>
049 シンジごしの中。派手なターンをして
場の枠に一発で決める
赤いスボーツカー!!
SE<キュキュキィーッ>
050 シンジを押しのけるに窓をけて
乗り出すトウジ。
同じくカメラえるケンスケ。
またもジャマもの扱いのシンジ
SE<ガラララッ>
トウジ「おおっ!! いらっしゃった
   で」
SE<OFFでのドアの開く音>
051 から出されるまたも御足のUP SE<ザッ>
052 さっそうと立っ女性。
今朝とはうって変わったスーツ姿の
ミサト。クラサン、高そうなバック付
053 UP。かっこよくグラサン取る 一同「おおおお。(ステレオ)」
054 ミサトのごしに校舎。窓際
色めき立ってる男子
SE<ドア閉まる音>
男子A「かっこいい!、あれ?」
男子B「碇の保?」
055 我、せずのレイごしに
イヤ~ネな顔してる女生徒ら。
苦虫みつぶしているヒカリ
男子C「なに!?碇ってあんな
   に保されてんの!?」
 
ヒカリ「バカみたい」
056 バック片手にさっそうと歩くミサト。
ケンスケのビデオモニタ一の図。
ノイズの後、バッとズームUPされるミサト
ケンスケらに気づく。カメラに向かって
ースサイン
トウジ(OFF)「()はあ~~。
 
  やっば、
  ミサトさんってえわぁ♡」
   (ちょいこぼし)
057 同じくピースサインでえるケンスケ
とトウジ。
ひたすら恥ずかしいシンジ。
トウジみして力説。
 
ケンスケ、相づちを打つ乍らもビデオは
回してる。
哀れみと共に冷たくを見る目に
なるトウジとケンスケ。
シンジは「え?」とわかってない
ケンスケ(同時に)「うん」
シンジ(同時に)「そうかな?」
トウジ「あれでネルフの作部長

   や云うのがまたスゴイ」
ケンスケ(同時に)「うん」
シンジ(同時に)「そうかな?」

058 室内引き。窓際に男子は集まってる。
 
押し退けて覗き込んでるのもいる。

 
女子は我、せず

トウジ(背)「えかったな、ケンスクら
     シンジがお子さまで」
ケンスケ(背)「ま、じゃないのは
      かだね」
女の子(アドリヴ)
059 自分の見がわかってもらえず、ムッと
してるシンジ。
乗り出してるトウジなめて半面UP
シンジ(MONO)「トウジたちは
       あの女性(ひと)
       のダラシなさを。
060 シンジの見た目風。
さっそうと歩いているミサトの
知らなんだ…」
061 天を仰ぎ、ごこちのトウジ。
れた被写体を更に乗り出しらえて
るケンスケ。
的な対応をするシンジ。
本当の味ではシンジよりも現的な
2人。再び哀れみの眼
トウジ「ああ、ああいう人が彼女
   やったらな…」
 
シンジ「苦労すると思うよ」
トウジ/ケンスケ「わかってない
        ね、センセ」
062 カメラ内引
シンジからパッとれて2人腕組み。
シンジ、キョロキョロ。パと手を上げ
る2人(同タイミングで)
きょとんとしているシンジ
2人「よっしゃ! 地球の平和は
  お前に任せた!
 
  だからミサトさんはオレ(ワ
  シ)らに
063 ドンと背中をドツかれるシンジ。2人の
には鈍なシンジに対するめの
気持ちもある。
顔を上げるリアクションまで。
わかってないシンジ
  まかせろ(い)!!」
SE<<ドン!>
シンジ「ウワッ」

Scene 02

cut notes dialogue translation
064 ケイジ内の初号 伊吹「初号冷却値をクリア-----。
   作はセカンド・スデージへ
   移行して下さい」
EVA-01 inside the cage.
065 シンジのUP
 
(#2の「眼」のシーン、インサート)
シンジ(MONO)「地球の平和か…
       そのためのエヴァ」
SE<胎内音>
Close-up of Shinji.


Insert of the "eye" scene from episode #02.

066 眼のみ変えて シンジ(MONO)「エヴァって何な
   んだろう…。
His expression changes.
067 エントリープラグ内、上向くシンジ。
カメラ目
血の匂いがするエントリー
ブラグ…。なのにどうして
くんだろう」
Inside the entry plug, Shinji looks upwards.

He looks into the camera.

068 シンジのUP。本を見乍らごちる シンジ(MONO)「-----結
    何もわかっていないんだ」
Close-up of Shinji. ***
069 。ミサト、リツコ、伊吹、日向、
シンジ5人々なポーズで。
の合間の世間話
(シルエットでロパクなし)
リツコ「号機の胸部生体部品は
   どう?」
伊吹「大ですからね。新作します
  が、追加予のワク、ギリギリ
  ですよ」
リツコ「これで独から弐号機が届け
  、少しは楽になるのかしら?」
目向「逆かもしれませんよ。地上で
  やってる使徒の処理もタダじ
  ゃないんでしょ」
ミサト「ホント、お金にしては
   セコイ所ね。人類の命
   かけてるんでしょ,ココ」
リツコ「仕方ないわよ。人はエヴァ
   のみで生きるにあら。生
   き残った人が生きていく
   には、お金がかかるのよ」
ミサト「予ね。じゃ、司令はまた
   会議なの?」
リツコ「ええ、上の人よ」
An elevator. Misato, Ritsuko, Ibuki, Hyuga and Shinji, in various poses.

They're chatting during a break at work.

(Silhouette ***)

070 そのン引きの画 伊吹「司令が留守だとここも静か
  でいいですね」
Screen pull-out.
071 超高空を飛ぶSSTOの部のUP。
耳をつんざく爆音!!
SE<ゴオオオ> Close-up of the tail of a very high-altitude SSTO aircraft.

There's an ear-shattering noise!!

072 その内前からの図。
空席ばかりである。男(碇)のだけ
シルエットで。
カット尻にドアく(男の影)
SE<<バっクノイズ・内音> A view of the inside of the plane.

Almost all the seats are empty. There's just a silhouette of a man's head (Ikari).

At the end of the cut, a door opens. A shadow of a man appears.

073 腕組みして外を見てる碇。
窓にチラとが写ってる。
男、近づいて来る
----- 間 -----
男(OFFより)「失礼。便乗ついでに
    ここ.よろしいですか?」
Ikari sits with his arms crossed, looking outside the plane. His face is reflected in the window.

The man moves closer.

074 後ろからの引き画。
モニターはニュース組。
座る男
男(背)「(座ってから)一サンプル
    回収の正予算、あっさり
    通りましたね」
碇(背)「員会も分が生き残る
   とを最優先に考えている。
   そのための金は惜しむまい」
男(背)「使徒はもう現れない、とい
 うのが彼等の拠でしたからね。
 もう一つの朗報です。米国を除く
 全ての理国がエヴァ六号
 予算を承しました。まぁ、米国
 も時問題でしよう。
Pull-out from behind.

There's a news program on the monitor.

The man sits down.

075 碇ナメて男。
上目使いに見てる。冷たい目線。
男の手にはポケット酒
 失業者アレルギーですしね。
 あの国」
碇「-----君の国は?」
Ikari in front of the man.

His eyes point upwards. His gaze is cold.

The man has a pocket-sized bottle of alchool in his hand.

076 内引き画。2人ともは見えない 男(OFF)「八号から造に
します。第2次整備計画はまだ
生きてますから。ただ、イロ
ットが見っかっていないという
問題はありますが-----」
碇「(OFF)使徒は再び現れた。
Pull-out to the inside of the plane. The two men don't look at each other.
077 碇は窓外を見たまま (ON)我々の道は彼らを倒す
しかあるまい」
Ikari keeps looking out of the window.
078 男のUP。
台詞はケットウィスキー見たままで。
カット尻窓外見る
男「私もセカンド・インパクトの
    ニの舞は御免ですからね」
Close-up of the man.

He keeps looking at his bottle of whiskey while he speaks.

At the end of the cut, he looks outside towards the window.

079 SSTOしに巨大なクレーター、
南極である。
海は変色、氷も大も消えてる
シンジ(OFF)「-----じゃあ南極
    大発したセカンド・
    インパクトって-----」
A gigantic crater below the SSTO, in place of Antartica.

The seas have changed color, while both the ice and the entire continent have disappeared.

080 中学の歴史の教科書 リツコ「そう、歴史のでは、
   大質量の石の落下による
   大惨事となっているけど、
A junior high history textbook.
081 号外の新(15年前の)水にれた跡
やツギハギの跡
は往々にして隠されるも

のなのよ。
15年前、人類は

A special edition newspaper (from 15 years ago). There are water stains and traces of patching on it.
082 自動通路上の3人。ミサトは話から
それた
(ON)最初の「使徒」と呼称する
人型の物体を極で見したの。
The three of them are standing on top of a moving pathway.

Misato looks like she's ignoring the topic of the conversation.

083 目を逸らしているミサト
(いい思い出ではないので)
カット尻に風
 (OFF)でも、その調査中に原因
 不明の大発を起こしたのよ」
SE<<OFFでドアの開く>
Misato keeps looking away (she doesn't have good memories of the incident).

A gust of wind blows at the end of the cut.

084 自動通路引き画!! リツコ「それが、セカンド・イン
   クトの正体」
Pull-out to the moving pathway!!
085 リツコごしのシンジ シンジ「じあ、らのやってるこ
    とは?」
Ritsuko in front of Shinji.
086 リツコなめて後ろにシンジとミサト リツコ「予想されうるサード・イン
   パクトを末然に防ぐ…。
   そのための
Ritsuko in front of Shinji and Misato.
087 ミサトのホルダー。
ネルフのマークが見える
ネルフと。 Misato's document holder.

There's a Nerv logo on it.

088 リツコなめて後にシンジとミサト。
カット尻にミサトを気にするリツコ。
目線のみ送る
エヴァンゲリオンなのよ」 Ritsuko in front of Shinji and Misato.

At the end of the cut, Ritsuko's attention shifts to Misato.

She sends a glance to her.

089 リツコ、ミサトを見て。
を変えたくもあるリツコ
リツコ「ところでアレ、予定
   明日やるそうよ」
Ritsuko looks towards Misato.

Even Ritsuko wants to change the topic of the conversation.

090 逸らしていたミサト。
セカンド・インパクトのはまだツライ
ものを感じている。目のみリツコに
戻して
マジな顔で
ミサト「分かったわ」 Misato has been looking away until now.

Talking about Second Impact still evokes painful memories in her. She returns Ritsuko's glance.

She looks serious.

Scene 03

cut notes dialogue translation
091 ミサトのマンションの外 SE<朝のSE・チュンチュン、
  セミの声>
092 チンと出てくる焼けたトースト SE<チン!ガシャ!>
093 手にしたトーストをかじるシンジのUP SE<カジッ>
094 同じくペンペン。魚をかじる SE<カジッ!!>
095 キッチン。ペンペンなめてシンジ。
めし食ってる2人。ペンペン体を起こす
096 引き戸が開くと昨日とは
うってわってリッとした
ネルヲの正装姿!
SE<サ-----ッ>
097 昨日と同じーズで、ミサトの足ごし
にフリーズしているシンジとペンペン。
声の出ないシンジ。
きのあまり、魚を口からポロッと
とすペンペン
シンジ/ペンペン「-----」
098 ミサト真でビシッと ミサト「(ビシッと)おはよう」
099 何か怖いものをじるシンジ。
気圧されつつ挨拶。
手にはかじりかけのトースト
シンジ「お、おはようございます」
100 クツベラを使い、ヒールいてる
ミサトの足元。
マジな台詞まわし
ミサト「(OFF)仕で旧京まで
   行ってくるわ。
101 末だにボー然としているシンジと
ペンペンの前に起き上がるミサト
(は見えない)
()たぶん帰りはいから
何かデパッて」
102 ビシッとしたミサトの
カメラ目線でく台
ミサト「じゃ--」
SE(OFF・右)<ドアの開く音
     (台詞受ける感じに)>
103 気圧されるシンジ。
かじりかけのトースト持ったまま
シンジ「は…はい」
E_A アイキャッチ(Aタイプ)


Part B

Scene 04

cut notes dialogue translation
E_B アイキャッチ(Bタイプ) Eyecatch B
104 水没し、放されたままの
インテリジェントビル群。
ドス黒く、虹色に輝く海面
SE<波音> A group of abandoned intelligent buildings, submerged.

The surface of the sea sparkles with a dusky rainbow.

105 識ごしに光の点が見えてくる SE<薄くジェトタービンの音> A street sign, in front of a lamp.
106 旧東京の上空を飛ぶネルフ用VTOL
(面より広大な埋立地へ)
SE<ジェツト音
  (タービンの回転音)>
One of Nerv's private VTOL aircraft flies through old Tokyo's skies (towards a huge area that has been reclaimed from the sea)
107 VTOL内のミサト。
 
窓こしに淡々と。
リツコの台詞に目線のみ反応
ミサト(台詞先行)「ここがかつて、
   花の都と呼れていた大
   都会とはね…」
リツコ(OFF・右)「着いたわよ」
Misato inside the VTOL aircraft.


She looks indifferently through the window.

Her eyes react to Ritsuko's words.

108 窓ごしに見えてくる荒野に立っ
巨大な
An huge building, standing in the wasteland, seen through the window.
109 パイロッしのリツコとミサト。
リツコはノートパソコン使ってる。

ミサト、少々うんざりと(手には帽子)。
ミサト、目線のみリツコへ。
リツコは止めのまま台
(いつもり淡々と)
ミサト、「じゃくさいなぁ」の顔

ミサト(台先行)「-----何も、
   こんな所でやらなくても
   いいのに。で、その計画、
   自はからんでいるの?」
 
リツコ「略自衛隊?いえ、介入
   は認められずよ」
ミサト「どおりで好きにやってる
   訳ね」
Ritsuko and Misato stand behind the pilot.

Ritsuko is using a laptop. Misato looks a little bored (she's holding a hat in her hand).

She looks toward Ritsuko.

Ritsuko speaks, still immersed in her work (she looks unconcerned as usual)

Misato, with a "what a pain" expression on her face.

110 降下してるVTOL。
下には駐車場のまっている
ヘリやVTOL群
SE<(タービン音)
   フィ-----ッ!!>
The VTOL aircraft is landing.

Below, a group of elicopters and VTOL aircrafts have landed in some kind of parking area.

111 半地下のドーム、フカン SE<M(ファンファーレ)先行+
  拍手>
Overhead view of a dome, partly underground.
112 紅白の中にかざられた
「祝JA完成披記念会」
SE<拍手(やたらと多い)>
時田(OFF・スーカー)「本自は御
The interior is decorated with a red and white banner.

"JA completion announcement event"

113 テールの上の名前立て
「ネルフ御一行
には栓を抜いただけの瓶ビール
多忙のところ我が、日本
学工業共同体の実演会に。
A name plate on top of a table. It reads

"Nerv Party".

Across the table there are some beer bottles that have just been uncorked.

114 その引き画。
テーブルにはツンと2人きり(イスも
2脚だけ)。
空しくいてあるビール群。
リツコはシックなドレス着用
しいただき、にありが
とうざいます。
Camera pull-out.

Two persons sit isolated at a table (there are only two seats).

A few beer bottles are sitting uselessly there.

Ritsuko is wearing a fine dress.

115 その全景(上から)。
ずらりと並んだテーブル。
中央のネルフ席以外は盛況である
皆様には後程、管制の方にて、
運転を御いただますが。
Bird's-eye view (from the top of the stage).

The tables are lined up in rows.

With the exception of Nerv's table at the center, they are all crowded.

116 その壇上に立っ蹄田。
 
後ろには輪が並んでいる。
間髪入れず挙手するリツコの手
           (ビシッと)
御質問のある方は、この場にてど
 うぞ
 
リツコ「ハイ」
View of the stage. Tokita stands up.

Garlands are lined up behind him.

Wasting no time at all, Ritsuko raises her hand immediately (with a snap).

117 田、ちょい乗り出し台詞 時田「これは御高名な赤木リツコ
   博士。おしいただき光栄の
Tokita replies immediately.
118 リツコ、マイクってる。
手前のビールごしに(ビールはまるで
ってない)
  至です」
リツコ「質問を、よろしいでせう
   か?
Ritsuko, holding a microphone.

She's standing beside the beer bottles (the number of beers hasn't changed at all)

119 内全。ゆっくりPAN 時田「ええ、御遠慮なくどうぞ」
リツコ「先程の御説明ですと、
  内燃機を内とありますが」
Bird's-eye view of the room. Slow pan.
120 からPAN、時田へ 時田(OFFより)「ええ、本機の大き

 な特徴です。連続150間の作
 行動が保証ざれております」
Pan, starting from the garlands towards Tokita.
121 ビールからリツコへPAN リツコ(OFFよりONへ)「しかし、
戦を前提とした陸戦兵器に
リアクターを内することは、
安全性の点から見てもリスクが
大きすぎると思われますが」
Pan, from the beers towards Ritsuko.
122 時田余裕シャクシャクで皮肉る 時田「5分も動かない決戦兵器より
   は役に立っと思いますよ」
Tokita, calm and composed, responds ironically.
123 リツコのバストショット リツコ「では緊急対処に
   問題を残します」
Shot of Ritsuko's bust.
124 口にくわえたストローでんでる
ミサトなめて、張り切ってるリツコ。
「もうやめといたら?」のミサト。
あきれまじりに台詞。
しかし、止めないリツコ。
ち乗り出して台詞
時田(OFF・)「イロットに負担
   をかけ、梢神汚染を起こす
   よりは、より人道的と考え
   ます」
ミサト「よしなさいよ。大人気ない」
リツコ(OFF)「人的制御の問題
       あります」
Misato is just passing time holding a straw in her mouth, while Ritsuko is arguing full of energy.

Misato is thinking "what about just giving up?"

***

However, Ritsuko doesn't stop.

***

125 時田正面。手前にマイク。秘の文字
だけが紙にある報告書をかざす
時田「制御不能に陥り、走を許す
  危まりない兵よりは
  安全だと思いますがねえ。
Tokita, from the front. There are two microphones before him. He shows a report. The front page has only "Top Secret" written on it.
126 その中身のインサート。
#2のエヴァが写っている
(OFF)制御できない兵器など、
全くのナンセンスです。
Insert of the contents of the report.

There's an image of an EVA from episode #02.

127 わざとらしいポーズでジョークを
す時田
(ON)ヒステリーを起こした女性
と同じですよ。
Tokita, in a strange pose, cracks a joke.
128 リツコ正面。ややフカン。
 
わず続けるリツコ
 (OFF)手にえません」
SE<<OFF一同の冷笑>(ステレオ)
リツコ「-----のためのパイロット
    とテクノロジーです」
View of Ritsuko from the front, slightly tilted downwards.

Ritsuko doesn't care and keeps going on.

129 田あきれつつ台詞 時田「まさか『科学』と『人の心』が、
 あの化け物を押さえるとでも?
Tokita keeps speaking, even if he's getting annoyed.
130 リツコUP。きっりと肯定  (OFF)-----本気ですか?」
リツコ「ええ、もちろんですわ」
Close-up of Ritsuko. She's extremely confident.
131 引き画。一同、2人に注自してる 時田「人の心などという昧なも
のに頼っているから、ネルは先
走を許すのですよ。
その結果、国は莫大な追加予算
を迫られ、国では2万人を越え
る餓死者を出そうとしているので
す。その上、あれ程重要な件に
かかわらず、末だにその原因が不
明とは。
Screen pull-out. Everyone is paying attention to them.
132 たった2人しかいないテー せめて、としての務は全

うして欲しいものですな。

There are just two persons at the table.
133 テーブルの上のビール
名前立てからPAN。
然といているリツコ
良かったですね。
ネルフが超法規的に保護されて
いて。あなた方はその責任を取
らずに済みますから」
リツコ「なんとおっしゃられようと、
Beers on top of the table.

Pan, starting from the name plate.

Ritsuko listens with determination.

134 リツコの半面UP。
キッパリと
ネルフの主力兵器以外、
あの敵性体は倒せません」
Close-up of Ritsuko's profile.

Single-minded.

135 った 時田「A.T.フィールドですか?
  それも今では時題に
  ぎません。
Tokita, with a triumphant look on his face.
136 顔が赤くなっているリツコ。
屈辱に耐えている
(OFF)いつまでもネルフの
代では、ありませんよ」
Ritsuko's face is turning red.

She's being humiliated.

137 すまし顔でストローで遊んでるミサト。
ではリツコのマイクを持つ手が
ている
SE<一同の冷笑く> Misato doesn't look so concerned. She's still playing with her straw.

In the background, the hand in which Ritsuko is holding the microphone is trembling.

138 ドアの表札「ネル御一行 SE<<OFFでガンガンと金
  蹴る音>
Nameplate on a door: "Nerv's Party"
139 ゴミ箱に丸めて突っ込まれている
フレット。
見本のィスクやつぶれた紙コップ
もあ
Some pamphlets have been rolled up into balls and thrown in a trashcan.

There are also a sample disk, a crushed paper cup, and other similar stuff inside the can.

140 ロッカーをすミサト。
すでにだいぶ凹んでいる。
ゲシゲシと怒りをぶつけとる。
一度、おさまったかのに見えるが-----
 
またもケリける!!
(SEここでONに)
ミサト(背)「クソッ!
-----ったく、あの俗物共がっ!
どうせチの利にあぶれた

中のいせでしょ!
ハ、ラ、、つ、わ、
ねぇぇぇぇ!!」
Misato kicks a locker.

She has already smashed the door.

***

It looks like she calmed down for a moment...


But then she keeps on kicking!

141 ミサトごしのリツコの背中。
イスに座ってを丸めて何やら
やってるじのポーズ
リツコ(背)「およしなさいよ。
      大人気ない。
Misato, in front of Ritsuko's back.

She's sitting in a chair with her back curved down for some reason.

It looks like she's burning something.

142 その切り返し、
ンフにライタ一で「火」をつけてる
リツコ(顔は見えない)
(背)自分を自めてもらい
たがっている。
Switchback to Ritsuko.

She puts a lighter next to a pamphlet, and it starts to burn. (Her face is hidden)

143 ットライトのリツコ。
エコエコアザラクな雰囲
(ON)たいした男じゃないわ」 Ritsuko, lit from below.

A scene straight out of Eko Eko Azarak.

144 リツコの足ごしに怒りのおさまらない
ミサト。リツコの方に顔だけ向けて
ミサト「でも、なんであいつらが
    A.T.ィールドまで知っ
    てんのよっ!!」
Ritsuko's legs, in front of an anger-filled Misato. Her face turns towards Ritsuko.
145 リツコの所から立ってる。
リツコ、冷めた目でミサトを見る
リツコ(背)「極秘報がダダれね」
ミサト「報部は
Fumes rise up from Ritsuko's seat.

She cools down and looks towards Misato.

146 そのン寄り、何かを信している
リツコ
(OFF)何やってるのかしら」 Closeup of Ritsuko. It looks like she's sure of something.

Scene 05

cut notes dialogue translation
147A 某制御室をPAN
147B 突然作動を始めるモニター画面。
一度起動画面になるが、パと消えて、
DELETE(消去)の文字になる
148 左右にれる巨大格納。その中から
姿を現すJ.A.(ジェット・アローン)
SE<ガァ-----ッ>
149 ドームごしに開き切る格納庫 SE<ゴオオオン>
150
151 卜一チカ内引き。
前方に巨大なモニタースクリーン。
その直下に窓。
両脇は紅白の布。ギャラリー多数
時田(スピーカー)「(OFF)これよ
 J.A.の起動テストを始めます。
 なんら危険は伴いません。
152 コンソールと管制ごしに時田。
シャツ、ネクイの上からジャケットを
用しとる
(ON)そちらの窓から安心して
覧くだざい」
153 一斉に双眼鏡を当てる一同 SE<カシャカシャカシャ>
154 屈み込んでる一同ごしに
壁の花の娘、2人。ミサトとりツコ
(OFF・スピーカー)
    「-----起動よろし」
155 り。冷めた目の美女2人 時田(OFF・スピーカー)
    「テスト開始」
管制昌A(OFF・スピーカー)
    「全力、開放」
156 卜一チ力内引き 管制員B「圧力、正常」
管制員C「却器の循環。状なし」
157 モニン寄り。
背中の制御が伸びていく。
頭部のスリットの色も変化
管制員A(OFF)「制御、全開へ」
管制員B(OFF)「力、臨界点を
       突
制員C(OFF)「出力問題なし」
158 時田UP。気持ちアオリで 時田「歩行開始」
159 時田ごしのJ.A.。手前はシルエットで 管制員A(背)「歩行、前進微
      右脚、前へ」
160 コンソールのランプ類。
表示灯が「停止」から「前進・微

わる

管制員B(背)「了解、歩行。前進微
      速。右脚、前へ」
161 一歩踏み出すJ.A. SE<ユイイイイイ>
SE<高なるモー一と音>
162 着地する右脚のUP SE<ズズンッ>
163 欠番
164 トーチカの内引き。
モニ一にはJ.A.の姿
管制員B「バランス正常」
管制員C「力、状なし」
管制員A「了解。
165 それなりに感動しとる時田UPで (OFF)引き続き、左脚前へ。
よ一そろ」
166 双眼鏡での見た目。歩いているJ.A. ミサト(OFF)「へ~え。
167 リツコの胸ごしにミサト。
屈んで双眼で見てる。
チラとリツコを見るミサト
(ON)ちゃんと歩いてる。自
するだけのことはあるようね」
168 冷たく無関心を装っている眼 SE<(OFF・左から)音・ビーッ>
169 管制員ナメて時田。
線のみ反応
時田「(落ち着いて)どうした?」
管制員A「変です。リアクターの
    内圧が上昇していきます」
170 モニUP。
赤ライトが点いていく
管制員B(OFF)「一次冷却水の
       温度も上昇中!」
171 身を乗り出す時田。
な対応。
管制員A、時田を見乍ら台詞。
時田、目線のみ反応
時田「バルブ開放。減速材を注入」
 
管制員A(背)「だめです!
172 モニ一UP。低位でチョロチョロと
動いているグラフと数値
ポンプの出力が
173 モニターごしに迫るJ.A.       上がりません!!」
SE<ズン ズン ズン>
174 半卜一チカの手前に、
ズンッと足が降りてくる
SE<ズンツ>
175 時田のUP。と判断 時田「いかん!
  動力閉。緊急停止!」
176 卜一チ力内引き。
モニ一内は歩くJ.A.
管制員A「停止信号、発信を確認」
管制員B「受信されず!」
管制員C「無線回路も不です!」
177 信じられない時田。呆然としてる 管制員A(OFF)「制御不能!!」
時田「(ツリと)そんな、バカな」
178 時田の背中ごしに迫るモニタ一内の
J.A.!!
一同(OFF)「うわ一!!」
「逃げろ一っ!!」(他、アドリヴ)
SE<イス等が転がる音>
SE<足音(迫ってくる)>
179 っこの方に逃てしゃがみ込んでい
る一同。
倒れているイス等。
天井からバラバラと破片が落ちてくる。
消えるモニ一類。
天井ごと抜けてJ.A.の足が落ちてくる
SE<(天井のきしむ音)
   メキメキバキゴキ>
 
SE<ズドグワシャーン>
 (天井の抜ける音)
180 引き画。ドームを踏み抜いているJ.A.!
何事もなかった如くそのまま歩いていく
SE<(うなるモーター音)
   ギュウーン。
   ズン ズン>
181 そのフカン図。足の形に抜けてる天井
ごしに、これまた足の形に抜け落ちてる
天井部分が見えてる。
ヒョコッと顔を出すミサト
 
ミサト「ゴホ ッ ゴホ ッ ゴホ ッ 。
182 ミサト、思わず味を一っ 造った人に似て礼知ら
ずなロボトね」
183 半卜一チカごしに歩き去るJ.A.引きで。
又も新たな警告音
SE蕉(足音)ズン ズン ズン>
SE(OFF)<新たな警告音ビーッ>
184 示のUP。
するDANGERの文字
管制C「加圧器に状発生!」
185 手前にちぎれたコードがぶら下がって
いる。
 
管制員なめて呆然としている時田
管制員B「制御、作動しせん!」
管制員A「このままでは炉心融解
    の危険もあります!」
186 時田、呆然とひとりごちる 時田「-----信じられん...
J.A.にはあらゆるミスを想定し、
全てに対処すべくプログラムは
組まれているのに…。このような
はあり得ないハズだ」
187 時田ナメてミサト。
時田見て台詞
ミサト「だけど今、現に炉心解の
   危機が迫っているのよ!」
188 ミサトなめて時田。
自信、力なく
時田「-----こうなっては自然に停止
  するのを待つしか方法は-----」
189 ミサト然と(大声ではない) ミサト「自動停止の確率は!?」
190 ミサトのナメて
すかさず筈える技術員
披術員「0.00002%!
   まさに奇跡です」
191 ミサトUP。ややフカンの図。
この台詞はこの女性の生き方かも
知れない。
ビシッと台詞!然と!
(大声ではない)
ミサト「奇跡をつより捨て身の
   努力よ!
 
   停止手段を教えなさい!」
192 ナメて対時している2人
(シルエットで)
時田「方法はて試した」
ミサト「いいえ。まだ全てを白紙に
戻す、後の手段が残ってるハズ
よ。そのスワードをえなさり
時田「全プログラムのデリートは
  最高機密、私の管外だ。
  一口外の利はない」
193 ミサト、然と ミサト「だったら命令をもらいな
   さい!
194 そのり。口元のドUP 今すぐ!!」


Scene 06

cut notes dialogue translation
195 電話のUP。
呼び出しランが点してる
SE<ピリリリリ>
196 器を持った時田のUP 時田「私だ。第2京の万田さんを
  たのむ。
  そう、内省長官だ」
197 豪華な執室。
電話をしている男、傍らに秘書らしき
女性
万田「ああ、その件は八杉君に任せ
  てある。
  彼にいてくれ」
198 ゴルボールのUP。
ッとウッドがそれを打つ
SE<バシュンッ>
199 ゴルフ場の男、おおへいな度で 八杉「そういう要な決定項は
   口ではねエ。
  正式に書簡で回してもらえ
   る?」
200 受話器のコードしにいているー同 時田(OFF)「では、吉さんの許可
  を取れよろしのですね
201 ン寄り。ミサトのUP。
多少の悪感(ストレートには出さずに)
ツりと冷たく
  (・OFFで遠くに)ええ、ウィ
  ッツ氏の承諾は得ております
  から一ハイ。…ハイ、では」
ミサト「(ツリと)たらいまわしか」
(かぶって)
SE<OFFで受話器を置く音>
202 時田り向き、台詞。
あくまで面目な男である
時田「いまから命令く。
  作は正式なものだ」
203 イラつくミサト ミサト「そんな、に合わないわ!
   発してからじ
   何もかもいのよ!!」
204 画面全体廃墟ビルがサーッと画面から
消えるとむJ.A.が現れる
(早歩きになっている)。
荒野の中を一人、ただ進むのみ…
SE<足音がく・風音もあり>
205 卜一チカの引き画だが、天井れてる。
モニターも死に、ギャラリーはすでに
逃けとる。
管制員は残ったまま。天井からコードが
多数ら下がっている
SE<(ブザー音)ビーッ>
ーカー「J.A.(ジェット・ア口一ン)
  は厚木方面に向かい、進行中」
206 ミサト、時田の方を見て台詞 ミサト「時間がないわ。これより先
   は私の独断で行動します。
207 ムスッとした表情の時田。
釈然としないが、ミサトの台詞は理解
してる。
悔しいのか…
(OFFで)あしからず」
208 控室のドアの表札
「206・ネルヲ御一行
ミサト(台詞先行)「あ、日向?
209 赤電話をかながら、着替えている
ミサト(ズボンを脱いでいる感じに)。
手前にハンガーにかかった正装服
厚木に話(ナシ)、つけとい
たからシンジ君と初号機を。
210 ミサトごしに寄りかかっているリツコ
体起こすミサト。
リツコ、飽れつつもすように云う。
 
ミサトは手前をシャッター
   F装で、こっちによこして。
   そ、事態
リツコ「無よ。おやめなさい。
城一尉。
211 リツコン寄り。マジに台詞 第一どうやって止めるつもりなの?」
212 ロッカーの前のミサト。
はポニーテールにまとめてある。
こっち見て台詞。
詞後、スイッチ入れる。
バシューッとドア開くと、中に防
見える
ミサト「(マジに)人の手で、直接
SE<カチッ バシューッ!>
213 降下中の大型輸送
エヴァ専用巨人(STOL)
下腹に初号が見える
SEK(音)ズゴゴゴゴゴ>
 
時田(OFF)「一本気ですか」
214 生き残ったコンソールなめて対する
ミサトと時田。
客は、脱出した後。
ミサトはヘルメトしてない
ミサト「ええ」
 
時田「しかし、内部はすでに汚染物
  質が充満している。
215 時田半面UP 危険すぎる!!」
216 ミサト、半面UP。
あっさりと
ミサト「うまく行けば、みんな助か
   ります」
217 コンソールなめて2人不
が、突然沈黙を破り
コンソールに突き刺さる手斧
-----間-----
SE<ガシャン!!
  (ガラスの割れる音も)>
218 残っていた管制員揃ってミサトに
全てをす。
奥の管制員E、喋りながらコードを
引き抜く
管制員D「ここの指揮信号が切れる
 と、ハッチが手動ですから」
管制員E「バックパックから内
    に入できます」
219 ってうなくミサト
(顔だた格好)
唐突にこえる時田の言
時田(OFF・)「希望」
220 手前のミサトなめて、力なく
宙を見ている時田の
時田(背)「プログラム消去の
    バス一ドだ」
221 ミサト目線のみ向てマジな台詞 ミサト「一ありがとう」


Scene 07

cut notes dialogue translation
222 点火される離陸助ブースター
ロケットのUP!
SE<ドオウッ>
223 する大型輸送 SE<ゴオオォォ>
224 欠番
225 エヴァ背中後方から前方の図。
室内灯のみが明るい
ミサト(OFFより)「標はJ.A.。
 5分以内に炉心融解の危険があ
 ります。
226 以外と狭いその室内。
天井のからミサトとシンジ。
ほとんどを詰め合わせる位
ですから標をこれ以上人口
密集地に近付けるわけにはい
ません。(日向見乍ら)日向くん」
227 ミサトとシンジごしにコ・イ席の日向。
 
顔をシンジに戻すミサト
日向「ハイ」
ミサト(背)「エヴァを切りした
     後は速やかに脱。
     安全高まで上昇して」
ミサト「(シンジを見て)シンジ君」
228 天井のからミサトとシンジ シンジ「ハイ」
ミサト「目標と併走し、私を背後部
   に取りつて。
 以後は標の移動を可能な限り、
 ぎ止めてね」
229 ミサトなめてシンジ。きのシンジ シンジ「乗るんですか?
    ミサトさんが?」
230 シンジなめて、あっりと云うミサト ミサト「そうよ」
231 きのシンジ シンジ「そんな無茶な!?」
232 冷静なミサト。淡々と ミサト「無茶は承知よ。他にベター
   な方法がないの」
233 止めに入るシンジ。
そりゃそうだろう
シンジ「でも、危なすぎますよ!」
234 これも淡々と。
わかっているが、話を逸らすミサト
ミサト「大丈夫。工ヴァなら万が一
   の直にも耐えられるわ」
235 マジに心配。わざと外してるのが分
からず、うざったく思うシンジ
シンジ「じゃなくって
    ミサトさんが-----」
236 ミサトの半面UP。
やさし気な顔で。ラストに軽い笑み
ミサト「ま、やれることやっとかな
   いとね。(情やさしくなっ
   て)後味いでしょ」
237 心配気なシンジだが、シンジもミサト
の決心に納する。
情、しくなる
シンジ「-----」
238 2人のを切るように日向の台詞が
入る
日向「眼で確認」
239 荒野に長い影を落とし乍らっている
J.A.
SE<(く)ズフィンズフィン。
   ズフイン ズフイン>
240 しに真顔で見てるミサトとシンジ。
シンジを見るミサト。
シンジもリアクションあり
SE<<OFFで足音遠く>
ミサト「さ、行くわよ」
241 内のエヴァ。背中のコンセントが
ガンッとれる
(Mスタート)
SE<<ガンッ>
242 体より後方へ引き出される初号機。
動き止まってから日向の無
SE<ガ-----ッ>
日向(OFF・無)「エヴァ、投下位
243 ミサト初号の指のから ミサト「ドッキング・アウト!」
244 プラ内のシンジ シンジ「了解!!」
245 一斉に外れるロック。
方へ流れていく
SE<ガシャン。
  ズウ-----ッ>
246 巨人から降下していく初号
247 空。
初号の足がフレームイン。
そのまま流れていく
SE<ヴオウッ>
248 ズザザ-----ッと着地する足元のUP!!
249 着地のショックに踏ん張っている初号
カメラ止まるとすかさず
前方ヘザとダシュ!!
SE<ズザザザザーッ>
250 右旋回上していく巨人
手前に走る初号
SE<ゴオオオオオ
   ズンズンズンズン>
251 走る初号機のUP SE<ズン ズン ズン>
252 となった東京をり続ける
巨大な人型2体
253 プラグ内のシンジ シンジ「追いついた!」
254 初号機の指の間からミサト ミサト「あと、4分もないわ。
このまま乗りつけてっ!」(こぼす)
255 欠番
256 J.A.へ追いすがる初号機 SE<ズン ズン ズン。
257 その後部に手が迫る!
 
ガシッとむ。
ガクッと引き戻されるJ.A.
ズン ズン ズン。
ズン ズン。
      ガゴン>
258 レバーをグッと引き戻すシンジ SE<グイン>
259 それでも進もうとするJ.A.。
ズリズリとる初号機
SE<ギャギャギャ。
260 ズズーッと引きずられる
初号機の足元。
ズリズリと地面をっていく
ギャギャ。
ズズズズ>
261 指の間からミサト ミサト「わないわ!やって!!」
262 右手を差し出す初号機。
グ-----ッと
263 手のびらナメて下にJ.A.のバックック
飛び降りるミサト
264 ドンと地するが、下が不安定なのでバ
ランス崩し、そのまま落ちてしまう
265 焦るシンジ、身を乗り出す シンジ「ミサトさんっ!!」
266 バックックの斜面を転がるミサト。
良くラッタルを掴める
267 ホッと安堵のシンジ。
笑顔になって台詞
シンジ「ふう~~~~つ。
    (笑顔で)気を付けて」
268 モニター内のミサトUP。
こんな時でもースサイン
269 非常ハッチのレバーを半回転させ、
引くミサト。
シュウとハッチ開くと
い熱気が出てくる!!
SE<パシュウ!!
  ズゴォ>
270 あっというまにるバイザー。
ミサトの体から立ち上る
ミサト「-----すごい
271 ハッチ内、内引き。
そこはDF、ガラス、赤ラの世界である
こりゃまずいわね」
272 カんでるシンジ シンジ「止まれ!
   このお!!」
273 手前に右手をバッと出す初号機。
カメラに向かって
274 手前から大きく手が入ってきて
J.A.を頭部から押ざえ込む
SE<グワガアン!!>
275 左手は胸部に。押さえ込んでる初号機
276 初号機ナメてJ.A.。
らくすると肩口から気が突然吹
き出す!
あわてて右手で押さえる初号機
SE<パンッ!!>
SE<シュ-----ッ>
277 あせるシンジ。
レバーを押ざえ込んでるポーズで
シンジ「ミサトさん、急いで!」
278 プラスチックケースに入った地図のUP.
下にスライドするとドアが見える
「非用手制御室」
279 確信するミサト、すぐに汗だく ミサト「-----ここね」
280 非常ドアのスイッチ。
ンチで開ける。
プラスチックカバーが割れてドアが開く
SE<バリンッ>
SE<(ドアの開く音・左で)シュッ>
281 中に入るミサト、閉まるドア。
ここも赤バラとDFと波ガラスの世界
である
SE<空調と電ノイズの混じっ
  たバックノイズ>
282 カードキーを通すと、シュッとカバーが
開いてキーボードが見える
SE<ピッ>
SE<シユッ>
283 コンソールなめてバイザーに光の
照り返し
SE<キーボードの操作音>
284 モニターのUP。ザーッとーターが
れていく。
 
ッと止まり、「パスワード」の文字が
点滅
SE<に終了の合図の音があって
  ザーッとデーター早回しの音>
 
SE<ピ-----ッ>
285 コンソールなめてミサト SE<ッ>
286 パパパッと文字入る。
モニターUP。「パスワード・望」
287 リターンキーを叩く。バシッと SE<<ッ>


Scene 08

cut notes dialogue translation
288 モニターパッと変わって
「ERROR」になる
SE<告音>
ミサト「エラ-----?
        何よこの?」
289 あれ?となるミサト。
バイザーに映り込み有り。
再びチャレンジ。バイザーの映り込みが
変わる
SE<作音>
290 再びキーを叩く SE<パシッ!!>
291 「ERROR」のUP SE<ピーッ ピーッ>
292 ちるミサト。
バイザーに「ERROR」の文字。
するミサト
ミサト「一間いない。
293 背を上げるミサト。
やや、呆然と見回す
プログラムが変えてあるんだわ」
SE<ガゴン>
294 J.A.を押さえてる初号機。
ガクンと力が抜けるJ.A.
SE<ガシユゥン>
295 手で押さえている穴からバシュ-----ッ
と一気にれ出す気!!
SE<ヴワシューッ>
296 うわとなるシンジ シンジ「あ!?」
297 あわてて左手も添える
298 が、背中からもう一本吹き出す気!! SE<バンッ!!  シュ-----ッ!!>
299 モニターUP「DANGER」 SE<告音>
300 モニターUP。残たグリーンの示は
あと3つ!
3つから2
管制員B(OFF・右)「動力炉、界点
        まであと0.2!」
301 前をにらみけてる時田 管制員A(OFF・右)「制御、作動
         しません!」
302 するミサト。目線を左に ミサト「-----こうなたら、
   一か八かね」
303 突出している制御に手を添えるミサト
304 そのまま身のカを込めてそれを押し
込もうとするミサト
305 その部のUP。レるのみである
306 と押し込んでるミサト。汗だく!! ミサト「ク-----ッ!!」
307 部がわずかに沈み始める
308 気張ているミサトのUP。
バイザーに汗が落ちてる
ミサト「ウ-----ッ!!」
309 ミサトの健空しく、J.A.の体のあち
こちから一斉に吹き出す気!
SE<ヴシュ-----ッ!!>
310 手の下しようのないシンジ。
てる!(半泣き)
シンジ「ミサトさん!!
   逃げてえ!!」
311 頑張るミサト ミサト「動けっ!!
   このおぉおぉ」
312 沈み込んでる (こし)
313 更に吹き出る!!
エヴァにも当る気!!
SE<ヴシュルルルッ!!>
314 シンジのドUP。半べソ!! シンジ「ミサトさん!」
315 押し込んでるミサト SE<警告音が次々に増えていく!!>
316 そのUP
317 モニター、グリーンがあと一つになる!! 管制員B(OFF)「臨界まで
       あと0.1!!」
318 管制員の頭ナメ、時田 管制員A「だめです!!
   (OFF)発します!!」
319 時田うなだれ、あきらめぶやく 時田「-----だめか。」
320 泣き顔のシンジ。超UP シンジ「ミサトさん!!」
321 頑張ってるミサトのドUP ミサト「ウウゥッ」
322 「ERROR」のモニターがッと変わる
起動画面に戻る
SE<ピッ>
323 一斉に沈み始める制御
ドッと倒れるミサト
SE<ピィィィ-----ッ>
324 呆然としているミサト
325 制御が全て沈みきり、
ライトがグリーンになる
SE<ヴイイ-----ン>
SE<カシャン!>
326 蒸気がパッと止まり、一斉に背中の制御
が沈んでいく。
ゆっくりとJ.A.から手を放す初号機
SE<ズヒュウウウゥゥゥゥン>
327 シンジも呆然。
チー回
328 モニターUP。 パーッと上からグリーン
に変わっていく
SE<ピ----->
管制員A(OFF)「やた!!」
329 呆然としている時田。
わずかに笑みが出てくる
管制員B(OFF)「内圧ダウン!!」
管制員C(OFF)「全て正常位!!」
330 ボロボロのトーチカ内で
人のスタッフがんでる
一同「助かた!!」(アドリ)
331 に寄りかかているリツコ。
手前にいでいるスタッ
332 リツコUP。ポツリと台詞
(ミサトの事を云っている)
リツコ「-----あのバカ」
333 欠番
334 ぐったりしているJ.A.。
覗き込むように初号機
シンジ(OFF)「ミサトさん!?
      大丈夫ですか!?
335 制御室内。ぐたりと座り込んでる
ミサト。
シンジの呼にカなくえる
   (無線)ミサトさん!!」
ミサト「ええ、もう、サイッテーェ
   だけどね」
336 呆然としたミサトの姿。
一人ではしゃいでいるシンジの声だけ
く。
カット尻にちょっと動き、顔が見える
シンジ「良かた!無事なんですね!?
…。良かった、ホントに良かた…。
でもすいや。
見直しちゃいました!ほんとに
奇跡は起たんですね!!」
ミサト「-----ええ」
337 ポン寄り半面UP。
ボソッと台詞。
ドマジな顔で(心当りがある)
ミサト(MONO)「奇跡は用されて
        いたのよ。
        …誰かにね」


Scene 09

cut notes dialogue translation
338 ネルフ本部全景 リツコ(台詞先行)「初号織の回収
339 机に座っている碇。
脇にリツコと男
は無事終了しました。汚染
の心配は有りません。
340 碇の背ナメてリツコと男
(男は無情、報部らしい)
(ちらと男を気にして)
城一の行動以外は全て
シナリオ通りです」
341 いつもの碇のUP。逆光 碇「御苦労」
342 ミサトのマンションの外。朝 SE<(朝のSE)チュンチュン
  ・セミの声>
343 チンと出てくる焼けたトースト SE<チン! ガシャッ!>
344 手にしたトーストをかじるシンジのUP
(かじるアクションのみで)
SE<カジッ>
345 同じくペンペン。魚をかじる SE<<カジッ!!>
346 キッチン。ペンペンなめてシンジ。
朝メシ食てる2人。ペンペン体を起こ
して魚を飲み込む
347 またいものミサトの風景。
サ、腹をかいてる
ミサト「(だらしなく)おはよお」
348 栓を開けるミサトの手のUP SE<プシッ!>
349 又もビールをいただくミサト。
一本飲み干して、大げさなリアクション
ミサト「んぐんぐんぐ。
   んぐんぐ ぷはあ-----。
   ク-----ッ」
350 ビールなめてシンジ。
幻滅を通り越し、然とした
ミサト(OFF)「さて、次は朝シャン
      朝シャン。
351 不真面目に見えるミサトに対してもの
すごく腹立たしいものを感じているが、
心の中で押さえてる。
マジな情のシンジ。
「昨日の感動はどこへやら…」のシンジ
 (OFF)ブラとパンツはどこかい
 なっと」
SE<(OFF・左で)ーン>
352A 玄関前に立ているトウジとケンスケ。
シンジの様子に気付く
トウジ/ケンスケ「おっはよう、
       碇くん-----?」
352B 2人の頭ごしに無上に腹の立てる
シンジ。
 
不機な顔で振り向き台詞
シンジ「(イライラを押さえる感じ
    に)おはよう。
 
    (ミサトに気持ち大声で)
    います
353 朝シャンのため、すでに上半身は衣類
なしのミサト。
からのタオルのみ。
明るく無防な姿
ミサト「いてらさい」
        (誤植にあらず)
354 坂道を行く3人。
く感心のトウジ、心からの辞。
手に思い込んだあげく、切られた
気分のシンジ。
怒り混じりについに本音を吐く
(2人にではなく分に云ってる感じ)
トウジ「-----やばカッコええな
   ミサトさんは」
シンジ「僕もそう思たけど、
家の中じゃみっともないよ!
ほんとズラだし、カッコ悪いし、
つくづくだらしないし…。
355 欠番
356 ケンスケの意外な言に「え?」となる
シンジ。
きり否定されて分かてもらえな
いと思い込んでいたシンジ
ケンスケ(OFF)「(ポツンと)うら
     やましいな、それて」
357 なシンジ。思わず立ち止まりいて
しまう。
シンジの方に身を乗り出してくるケン
スケ。わざとバカにした感じであきれ顔
(何もわかてないのねの顔)。
トウジもレームイン。
少々ムッとしてき返すシンジ
シンジ「-----どうして」
 
ケンスケ「やば、碇
    お子な奴」
 
ジ(背)「ホンマやな」
シンジ「どうして
358 シンジごしに2人。
トウジ、飽きれつつも笑顔で。
ケンスケもいい顔で!
大人な2人!いいや!
ケンスケ「他人のオレたちには
    見せないホントの姿だ
     ろ。
359 軽いシヨックを受けてるシンジ。
ケンスケの意外なその言葉の意味も
即座には理解できていないが、何だか
気持ちが嬉しくなり、笑顔にな
一歩前へ歩く!

ミサトとシンジの距が近付いたこと
をメタファー!
なんてかこいいラスト!
(OFF)それ
族じゃないか…」
 
SE<足音!!   ザッ>
END つづく


5.1ch additional dialogue

cuts dialogue translation
052~053 男子ガヤー同「おおおお」
054~058 (30+00) 男子ガヤ
061~063 教室ガヤ
128 男ガヤ(笑)
137 男ガヤ(笑)
156 男「水路系、問題なし」
157 男「加圧器系題なし」
164 男ガヤ(感動している)「おおおおお」
男「全アソーー、正常」
171 男2「内圧上昇、10.5。11.8。14.6。停止しません」
176~177 男1「1次冷却水、更に上昇! 域へ」
男「予水システム、作動しません!」
男「再循ポン、出力20%に低下!」
178~179 男ガヤ「うわ!」「逃ろ一!」「お助けぇ一!」他
186~187 (14+00) 男1「1次冷却水、依然上昇中!危域へ」
男「根水路に、問題生!」
男「予制動システム、作動不能!手動に切りわりません!」
男「再循ポンプ、出力上がらず!」
男2「速材、注入を再試行!」
男「ダメです! サブ回路も動きません!」
男3「内圧、21.5%を突破! 依然上昇中! 停止しません!」
男「制御システム、未だ復旧せず!」
206 女「移動速毎分0.2%増加の模様
317~319 男3「内圧、限界点を突破!」
男2「速材、注入されません!」
328~330 男2「減速材、注入を認!」
男「緊急制動装、作動中!」
330 男ガヤ「や!」「助かた!」他