Classified Information (Translation)

From EvaWiki
Revision as of 02:54, 9 April 2009 by Reichu (talk | contribs)
Jump to: navigation, search

The Classified Information (機密情報, Kimitsu Jouhou) is a set of data files accessible from computer terminals located within the video game Neon Genesis Evangelion 2. It is generally considered a cornerstone of supplemental canon for the influx of new information it provides and given a great deal of weight due to Hideaki Anno's participation in the game's production. While most of the information reconciles fully with the show, there are some instances of apparent conflict. It is unclear whether this represents genuine inconsistency or reflects disparities in security access (e.g., it requires a higher clearance level to learn that the white giant is Lilith rather than Adam).

The current translation omits the "intelligence codes" accompanying each entry and adds an alphanumerical organization scheme for the ease of referencing specific entries.

Translation

Translation by Reichu, et al. (See Notes)

The Development of Eva

A. Publicly Released Information

The multipurpose humanoid decisive battle weapons developed by Nerv for use in combat against the Angels. They operate on electric power supplied via cable. The internal battery is only good for five minutes.

B. Generally Recognized Information

Cloned from the First Angel, who was discovered at the South Pole in the year 2000. In that sense, the Evas have the same common mechanisms as the Angels. One example is the A.T. Field, which can manipulate a physical domain. Evas differ from Angels in that they lack both S² Engines and souls.

C. Confidential Information

An Eva is a vessel for a soul that has abandoned human form, and a magnification of the ego, i.e., the embodiment of a large human being. Attempts were made to operate Evas, but souls were not placed within them, and the insertion of a soul was essential. The soul that enters an Eva is called a pilot. However, it takes more than a pilot to make Eva move. Perhaps the pilot cannot properly utilize the Eva's capabilities.

D. In-Depth Information

A unit called a core is used to eliminate any discrepancies in the joining of Eva, the body of a God, with that of a human being's soul. The soul of the pilot's mother, which is placed within the core, acts as a medium and makes piloting possible.

Due to difficulties encountered in the development of Eva-00, the core's system is poorly constructed, and she falls behind in performance capacity as a result. Another reason for her inferiority is that Eva-00's pilot, Rei, does not have a mother.

Eva Unit-01

A. Publicly Released Information

The pilot is the Third Children, Shinji Ikari. This is the Evangelion Test Type.

B. Generally Recognized Information

During Eva-01's development, Shinji's mother, Yui Ikari, became the test subject for a Contact Experiment at her own request. She carried out the experiment with Eva-01 in 2004, but not without losing her life.

C. Confidential Information

Normally, in order for the pilot to link with the Eva's core, the soul of the pilot's mother must be contained within. In the case of Eva-01, it is Yui's soul.

D. In-Depth Information

As Gendo has already exhibited signs of treachery, his son's status as the pilot of Eva-01 is, in Seele's eyes, particularly dangerous. This is because Seele believe that the immortal soul should come into existence only on their terms. However, Gendo has his own plans for attaining divinity, which he hopes to fulfill using Eva-01.

The Second Children

A. Publicly Released Information

Asuka Langley Soryu is the pilot of Eva Unit-02. Although her nationality is American, she is 1/4 German and 1/4 Japanese. She graduated from a German university at the age of fourteen.

B. Generally Recognized Information

Asuka's mother, Kyoko Zeppelin Soryu, carried out a contact experiment with an Eva. As a result, she fell prey to a mental illness so severe that she could no longer recognize her own daughter.

C. Confidential Information

Not long after her mother's contact experiment with the Eva, Asuka was selected by the Marduk Institute to be the pilot of Eva-02.

D. In-Depth Information

When Asuka's mother carried out the experiment with the Eva's core, only part of her soul — the maternal component that loves her daughter above all else — remained within Eva Unit-02. This is the reason why she could not recognize her daughter.

Yui Ikari

A. Publicly Released Information

The mother of Shinji Ikari, and Gendo's wife. She was 27 years old at the time of her death in 2004.

B. Generally Recognized Information

Yui Ikari was a brilliant genetic engineer and an authority in her field. In the year 2004, she performed the contact experiment on Eva-01 (which was under development) and allegedly died during it.

C. Confidential Information

By becoming the test subject for the contact experiment, Yui's soul was made to inhabit Eva-01. Shinji also became the pilot of Eva-01 because Yui's soul dwells within.

D. In-Depth Information

Yui is the daughter of an influential member of Seele, and, accordingly, was in the position of being able to understand their plans. Gendo, aware of these facts, became acquainted with her.

Gendo Ikari

A. Publicly Released Information

Commander-in-chief of Nerv and Shinji Ikari's father. A cool-headed personality who will use any means necessary to achieve his goals. His subordinates find him somewhat difficult to deal with.

B. Generally Recognized Information

Served the formerly existing entity, Gehirn, as the chief of the Artificial Evolution Laboratory. He employs his gift for manipulating information and concealing his handiwork in order to actively acquire funding for Nerv's administration.

C. Confidential Information

Married Yui Ikari, who has connections with Seele, so that he could become a member himself. He held consecutive posts as the Executive Chief of Operations (among other things) for Project E, the Human Instrumentality Project, and Nerv. Not long after he became a member of Seele, he went to the South Pole to be an auditor for the Katsuragi Investigation Team.

D. In-Depth Information

Gendo's goals, like Seele's, are the annihilation of the Angels and the Human Instrumentality Project — but, for him, this means reuniting with the deceased Yui. He moves as to not arouse suspicion. Seele keep a close eye on him and issue threats as needed.

Special Agency Nerv

A. Publicly Released Information

A special agency under the direct supervision of the United Nations. Its objectives are to investigate, study, and eliminate the Angels. Nerv's headquarters are in Tokyo-3, the 1st and 2nd Branches are in America, and the 3rd Branch is in Germany.

B. Generally Recognized Information

The relationship between the government and Nerv leaves much to be desired, as the former believe that Nerv are responsible for the coming of the Angels. The Human Instrumentality Committee, a small organization within the UN, holds approval authority over Nerv's budget.

C. Confidential Information

One of Nerv's goals is to annihilate the Angels, but they are also aiming for the evolution of humanity — in other words, the Path to God. Eva is the key to achieving both goals.

D. In-Depth Information

Nerv Headquarters was constructed inside the Black Moon containing Lilith. The Angels are all heading for Nerv H.Q. so that they can make contact with Lilith, the white giant in Terminal Dogma. They were aiming for her from the start, not Adam.

Marduk Institute

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

An advisory body under the direct supervision of the Human Instrumentality Committee, established for the purpose of selecting Eva pilots. It operates secretly, and the truth behind the organization is unclear.

C. Confidential Information

The Marduk Institute is comprised of 108 associated companies, all dummies; in essence, the organization does not exist. Reports filed from the Marduk Institute to Nerv are, in truth, being prepared within Nerv itself.

D. In-Depth Information

The selection of candidates by the Marduk Institute is considered a necessary ruse. This is so that it is not outwardly apparent that Gendo is choosing candidates at his own discretion.

Gendo's Ambitions

A. Publicly Released Information

As commander in chief of Special Agency Nerv, his objective is to prevent Third Impact by eliminating the Angels.

B. Generally Recognized Information

He is focused on carrying both the eradication of the Angels and the Human Instrumentality Project through to their completion.

C. Confidential Information

While Gendo maintains the pretense of striving for the Path to God, his actual goal is to be reunited with the deceased Yui. Because this has been the only thing on his mind, Gendo invests a great deal of concern into Eva-01, through whom he is attempting to open up the Path.

D. In-Depth Information

Seele have been making preparations for a divinity handled as they see fit. Gendo, opposingly, has been forwarding his own plans in the shadows, with the aim of creating his personal vision of divinity. By fusing with the partially- restored remnant of Adam, and then via fusion with Rei (i.e., Lilith), Gendo hopes to achieve fusion with Eva-01 (reunion with Yui).

The History of Nerv

A. Publicly Released Information

A special affairs agency under the direct supervision of the United Nations, formed in the year 2010. Its goals are the investigation, research, and annihilation of the objects known as Angels.

B. Generally Recognized Information

Nerv is an executive body that embodies Seele's objectives and is their most important organization. Unlike Gehirn in its time, Nerv is semi-public.

As a result of Second Impact, Seele underwent a rather radical transformation and began to vehemently drive their plans forward. Somehow, the miracle of divinity actually existed, and Adam, a being who was essentially a god incarnate, was also real.

C. Confidential Information

The discovery of Adam created a firm conviction and propelled Seele forward. Several projects were simultaneously enacted around the time of Second Impact (both before and after): The excavation of the Black Moon (i.e., Hakone) and the discovery of Lilith; the founding of the Artificial Evolution Laboratory and the subsequent formulation of Gehirn; the dissemination of the Human Limitation Theory; the establishment of the Human Instrumentality Committee; and the development of a world led by the United Nations, who would keep vigil over the battles with the Angels.

Additionally, there is the plan to revive Adam, Project E. (In the Bible, the one made from Adam's rib was called Eva.) The Evas are being undertaken as a series, something still currently underway.

D. In-Depth Information

The Human Instrumentality Committee is, fundamentally, nothing but a small council within the United Nations. However, as a subordinate body of Seele, it effectively has the world in the palm of its hand.

This committee was established on the basis of the Human Limitation Theory. As it was charged with the study of how to surmount the underlying problem, the committee was allowed to have an independent research agency: the Artificial Evolution Laboratory.

The Artificial Evolution Laboratory came to possess the remnants of Adam, at which point it experienced intervention by the more powerful Seele. They tightened the structural framework and transformed it into the secret agency Gehirn, an auxiliary institution under their jurisdiction. Gehirn was a preparatory organization and became the foundation of its successor, Nerv. And then, Nerv itself was created.

Details of the Human Instrumentality Project

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

Nerv's three big projects are Project E, the Adam Project, and the Human Instrumentality Project. Seele regards the latter as the one of the utmost importance.

C. Confidential Information

The Human Instrumentality Project is a plan aimed at divinity. The Evas are absolutely essential to Seele, for they are the sole key that can open the Path to God. This is because they were copied from Adam, she who is nearest to a god.

As yet, the Evas are surely insufficient in number. However, as long as that part was somehow accomplished, people thought that they could procure gods, or, at least, entities very nearly so.

That is also Seele's gospel: opening the Path to God by complementing the part that people are missing. If people gathered up the gods, what would happen? They thought that they could become a god themselves.

D. In-Depth Information

While the Angels were being engaged in battle, people were also making and advancing the plan for the path that leads to divinity.

The first step is the completion of Eva — the body of a god and throne of a soul — via the installation of an S² Engine. The interfusion of souls follows. Afterward, our final natural enemy, the Spear of Longinus security device, is annihilated. Thus, that which is nearly divine, or perhaps a god in and of itself, is brought to completion, and, with the Spear gone, cannot be destroyed by anyone.

Seele's intention for this man-made god is to guide the elite (themselves) to a nearly divine place.

Gehirn

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

One might call this research organization Nerv's predecessor. It was dismantled in 2010, the same year that Naoko Akagi completed the Magi System. With the exception of her, Gehirn's personnel were transferred over to Nerv, the executive agency for all of the projects.

C. Confidential Information

"Gehirn" is Seele's secret agency designation for the Artificial Evolution Laboratory. The Artificial Evolution Laboratory was a public organization recognized by the United Nations. On the surface, its goal was the research of artificial evolution.

D. In-Depth Information

Gehirn's objective was the Adam revival project (Project E). This actually entailed making copies of her — in other words, creating the Evas.

And, as they approached the execution, the organization's style was scaled up and Nerv was formed.

Seele

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

A secret society that puppets Nerv from the shadows towards the fulfillment of the Human Instrumentality Project. Nerv's financial backing comes almost entirely from them.

C. Confidential Information

An esoteric secret society born during the medieval Dark Ages and originally a religious order. Slowly but surely, they extended their influence, until at last they crushed the final forces of opposition in the mid-20th century and became a latent power with covert rule over human society.

D. In-Depth Information

Upon acquiring the Secret Dead Sea Scrolls, Seele turned once again to a creed that, up to that point, they had considered naught but the pipe dreams of their ancestors. By putting the miracle of divinity, in the form of prophecy, within their sights, they restored the faith. Their dogma is the Path to Adam Kadmon — that is, the approaching of a divinity both ageless and undying.

A.T. Field

A. Publicly Released Information

An absolute physical barrier only the Angels and Evas are capable of generating. No conventional weapon on the face of the Earth is capable of penetrating an Angel's A.T. Field. Evas neutralize the Angels' A.T. Fields while engaged in combat.

B. Generally Recognized Information

Humans also have A.T. Fields, but, lacking the sheer power of the Angels’, they cannot affect the physical world.

C. Confidential Information

The throne of the soul is the body, and the A.T. Field is what determines it. The A.T. Field, or ego (self), is the wall of the heart that separates one person from another.

People are people because they think of themselves as people.

D. In-Depth Information

The maximum extent of an A.T. Field's expansion is an ego without restriction (that is to say, a god). Before this can happen, a person's ego collapses and he reverts to LCL.

S² Engine

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

The "Super Solenoid Engine" is the Angels' source of limitless motive energy. It is thought that this gives the Angels abilities such as self-regeneration and metamorphosis that, for living creatures, go beyond the bounds of common sense.

C. Confidential Information

The S² Engine Theory was advocated by Dr. Katsuragi. As the world is formed with spirals, the engine acquires energy from its shape, which is the same as DNA. From here, the S² Engine was being envisioned as an energy source that would attempt to procure helical energy — in other words, an inexhaustible supply.

D. In-Depth Information

The Fruit of Life. This is the one thing that an Eva requires in order to gain an existence equal to that of Adam.

Angel

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

The unidentified enemy of humankind, transcending the concepts of living and nonliving. Conventional weaponry is no match for their overwhelming offensive power. The target of their invasions is Nerv Headquarters in the Geofront below Tokyo-3.

C. Confidential Information

Angels are, indeed, lifeforms that were born from Adam. Humanity, on the other hand, originated from Lilith. Compared to organisms born from Lilith, the Angels are predisposed towards enormous size and individualistic existences. Adam-based life should be thriving on Earth, as it is the life that originally germinated there.

D. In-Depth Information

Two Seeds of Life are not needed on one planet, and, therefore, one of them is excluded. As recorded in the Secret Dead Sea Scrolls, Adam-based life took part in a contest of survival, putting the stakes on their own existence. Some of them were trying to access Lilith and reset all life, some of them had nothing in mind, and some were trying to recover their progenitor Adam. The Angels — Adam-based life — became active under their respective tactics for survival and success.

Adam

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

The First Angel. The white giant crucified in Terminal Dogma.

C. Confidential Information

The entity, a progenitor of life, implanted into Earth by the First Ancestral Race. She was discovered at the South Pole by the Katsuragi Team, but, during the investigation, she blew apart and degenerated due to her S² Engine artificially going out of control.

D. In-Depth Information

There hasn't been a soul within Adam. At the time of Second Impact, her body was torn apart, and her soul flew off somewhere as a result. It was later recovered by Seele and incarnated, taking the form called Kaworu Nagisa.

Because the Evas are a part of Kaworu's own body, he can manipulate them freely. However, he cannot go into them, for the reason that there are souls (the pilots' mothers) within the bodies.

Dead Sea Scrolls

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

The prophetic text in which the times of the Angels' appearances are recorded.

C. Confidential Information

Seele possess a vast amount of wealth, and, consequently, they had one face as a patron foundation of the arts and research. The Artificial Evolution Laboratory, Gehirn, etc., were funded entirely by Seele. Perhaps because of their origins as a religious organization, Seele often managed the funding support for investigations into the relics of their own faith. Among these, something was excavated that marked a significant turning point for both Seele and humankind: The Secret Dead Sea Scrolls.

D. In-Depth Information

The Secret Dead Sea Scrolls are a scripture written by the First Ancestral Race, a manual regarding the Seed of Life (Progenitor Entity) and the usage of the Spear of Longinus security device, possibly while applying a scheme at the time of use to a religious group's own doctrines. They are written prophecy, in so far as they remain active even in the current day according to a design of the past.

Until then, Seele had only fragmentary knowledge of the scrolls' contents and existence, but they had never imagined that the scrolls might actually exist, contain meaningful prophecies, and turn up in near-perfect condition. They were sent to headquarters promptly, upon which the actual truth was skewed and immediately covered up. The parts of little consequence, later released to the public, were called the Dead Sea Scrolls, whereas what Seele made off with were dubbed the Secret Dead Sea Scrolls.

First Ancestral Race

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

The entities thought to have created the Angels. The specifics of their intention are unclear.

C. Confidential Information

They were the first extraterrestrial intelligence. The humanoid species, referred to as the First Ancestral Race, started to spread Seeds of Life throughout the Milky Way Galaxy. As of yet, we do not know their motives or for what they were aiming.

It is becoming evident that multiple Seeds were disseminated. Eventually, by force of sheer bad luck, two accidentally landed on the same planet: Adam of the White Moon, and Lilith of the Black Moon.

D. In-Depth Information

Within a carrier known as a "Moon", the First Ancestral Race fabricated a perfect cavity (also referred to as "Moon"), at which point the Seed, or "Progenitor Entity", would be placed inside and sent out into space. That was their technology, and, from the perspective of Angels, humans, and others, they might be called gods.

The Second Angel

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

The Second Angel, known as Lilith. She came from the moon that carried the Black Moon (the former became Earth's satellite). Giant, or First, Impact was caused by the collision between the Moon and Earth.

C. Confidential Information

The white giant crucified in Terminal Dogma. She bore life such as apes[1] and dolphins, and, as the final form, Lilin — that is, humankind. In addition, the liquid called LCL is Lilith's body fluid.

D. In-Depth Information

Lilith had no soul. Moreover, her soul has been residing within Rei. Many copies of Rei's body were made, but that is the reason why only one of Rei herself can exist at any given time. Even though Rei was copied from Yui's flesh, this was not the case for her soul.

Second Impact

A. Publicly Released Information

On September 13, 2000, a giant meteorite descended upon the South Pole. A huge explosion resulted, melting the ice and generating massive tidal waves, which in turn caused the sea level to rise several tens of meters. Collectively, more than 2 billion people on the islands of the Southern Hemisphere died.

The energy from the explosion knocked the Earth off its axis, producing climate change on a global scale; Japan became a country of perpetual summer. Many places around the world suffered drought, flooding, volcanic eruptions, abnormal weather patterns, and other calamities as a result of this Second Impact. Economic panic and civil war erupted in every nation.

B. Generally Recognized Information

Mankind discovered a human lifeform, designated the first Angel, at the South Pole. During the investigation, a giant explosion occurred for reasons unknown. The well-publicized theory that it was caused by a giant meteorite is the product of rigged intelligence.

C. Confidential Information

Adam, the First Angel — and the cause of Second Impact — was discovered by the Katsuragi Research Team at the South Pole. It was courtesy of Seele's funding that the Katsuragi Team discovered the White Moon, which contained Adam and the Spear of Longinus.

D. In-Depth Information

The other Seed of Life, Adam, was awakened by humankind. The Katsuragi Investigation Team frantically attempted to reseal her using the Spear of Longinus, but failed. Ultimately, through the phenomenon of the S² Engine apparently going into overdrive by artificial means (details are vague due to the team's complete annihilation), it became that only an absolute catastrophe — the resetting of all life due to the disappearance of A.T. Fields, and the construction of an ecosystem with an Adam base — was prevented. This is called the Second Impact. The incident blew Adam completely apart.

Third Impact

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

Nerv's personnel are told that, if an Angel were to come into contact with Adam (the white giant in Terminal Dogma), an explosion of similar magnitude to Second Impact will occur. In actuality, the Human Instrumentality Project would be set in motion.

C. Confidential Information

It is thought that Third Impact will occur if an Angel comes in contact with either Lilith (in Terminal Dogma) or Adam.

D. In-Depth Information

The alleged reality of Third Impact is that humans will lose their personal boundaries, dissolving as a result. Life will arrive at its terminus (although it is unclear what such an end entails), and A.T. Fields will be lost, rendering the preservation of human form impossible.

The Spear of Longinus

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

It was found in the White Moon with Adam at the South Pole. In essence, the Spear of Longinus is a security device that comes as a set with a Seed of Life.

C. Confidential Information

It is a spear which has a will and is a type of lifeform capable of moving by itself. This is an item close to a god and thus able to put a Seed of Life (Progenitor Entity), who holds the power of eternal life, into suspended animation, and this is the reason why the Seed of Life (Progenitor Entity) does not reach god-status. The First Ancestral Race prepared this as a counter- measure in the event that a Seed of Life (Progenitor Entity) did not follow their own goals.

It is thought that a Spear acting as Lilith's counterpart was separated from her by the shock at the time of First Impact. This Spear has yet to be found. There is a chance that it may have been destroyed.

D. In-Depth Information

For the purpose of opening the Path to God, Gendo and Seele brought Lilith's growth to a point just before the final stage, and to temporarily delay this they are having Nerv transport the Spear of Longinus that was paired with Adam.

Dummy Plug

A. Publicly Released Information

Data unavailable.

B. Generally Recognized Information

An entry plug developed for use with a dummy system. Even if no pilot is present, it can activate an Eva by making her think that a pilot is there.

C. Confidential Information

A copy of a personality is made in the dummy plug, but a soul cannot be copied. Why can't it be done, or how would it be done? As far as the technology branches of Seele and Nerv are concerned, it is a theme of research integral to seeking out the Path to God, and study into how to deal with the problem has spanned many years. Examples of failure include Yui and Asuka's mother. The dummy plug is something that came about in the midst of that research.

D. In-Depth Information

The dummy systems are artificial souls that were developed at the end of the research. In terms of functionality, however, the dummy systems leave much to be desired: although they could make Evas activate, that was the limit of their capacity.

Geofront

A. Publicly Released Information

The facilities for Nerv Headquarters were constructed in a mysterious, giant, underground space existing beneath Tokyo-3. It is a hemispherical cavity with a diameter of 6 km and a height of 0.9 km, but 89% of it is currently buried. Sunlight is sent in by optical fibers from a light-condensing block on the surface, maintaining a level of brightness comparable to that on the surface. Although Nerv facilities are nearly the only things being constructed, there are also evacuation shelters for civilians.

B. Generally Recognized Information

In addition to the Geofront where Nerv Headquarters is located, there was one at the South Pole. Moreover, the First Angel, designated "Adam", was discovered within it.

C. Confidential Information

The Geofronts' true identities are the "Black Moon", where Nerv Headquarters is located, and the "White Moon" at the South Pole. Lilith is in the Black Moon, and Adam is in the White.

D. In-Depth Information

Initially, the White Moon — containing Adam — fell to Earth. The Black Moon, which originally should have gone to a different solar system, was captured by Earth's gravity, and, after it crashed into the Earth's surface and bounced, it became a satellite orbiting the planet. It left behind only its ruins and remained in the heavens, and Lilith, the Seed that the Black Moon had carried, was implanted into Earth. Lilith's landing site is believed to have been in the vicinity of what is now called the South Pole, but it was later moved by tectonic plates, ultimately as far as the Hakone region of Japan. That site is the giant cavern of Hakone, and the future Nerv Headquarters would be constructed here.

Notes

Overview

The English-speaking fandom's first exposure to the CI was via an incomplete summary posted on GameFAQs (original author and date currently lost, probably 2003?), liberally designated the "MAGI Hack Files". At the start of 2006, my attempts to locate a Japanese transcript of the files finally met with success (I think because I finally learned that keywords like "MAGI" and "hack" were getting me nowhere), and, since nobody else had done a complete translation yet, I decided I would. Even though, for someone like me whose Japanese wasn't that good, the CI was a veritable nightmare.

Acknowledgments: Ornette's friend rockthing in Japan, with help from kanojo Hiromi, and Ornette acting as editor ("WTF is that supposed to mean?"), compiled a basic translation for me to work from. rockthing answered any questions I had via e-mail, as well. I also occasionally (and more than a little self-consciously) tortured the forum at animelyrics.com with my questions; many kudos to those poor souls for putting up with me. Thanks to those who offered feedback in the AnimeNation thread where the translation was originally posted, as well. Plus ORAMI?!, for telling me one of the items that needed fixing and saying "I know but I won't tell" about the rest, and RockManBalls, for (unlike ORAMI?!) providing a helpful list of corrections. The translation process was so arduous, it's hard to remember everyone who was involved, so I'm definitely forgetting people.

The translation is still awkward and full of Engrish, so if you have suggestions as to how to improve it, let me know. Or, if the changes are really minor and don't affect the meaning of a sentence at all, you can just edit this page yourself (provided you have that privilege, of course); nothing sacred about it. (If the alteration is no good, we can just change it back.)

Specific

My decision to do the "female pronouns" thing with the Evas and Seeds, despite the voice in my head saying "A LOT PEOPLE WILL BE ANGRY!", made a lot of people... well, I dunno if they were angry, but it always takes away some of my credibility in certain quarters. Aw, come on, folks, it's just a stylistic thing... (dodges tomatoes)

  1. It says 猿, literally "monkey", though the Japanese seem to have the same trouble distinguishing between monkeys and apes as most English-speakers do, and "apes" makes more sense in the context. (Think about it.)


--Reichu

Original Japanese

This is ugly, please help finish formatting it with line breaks and stuff.

新世紀エヴァンゲリオン2 機密情報


EVAの構造:広報公開情報
情報コード:LN7WKU4I
 ネルフが開発した、対使徒戦用の汎用人型決戦兵器。
 有線の電力供給で稼動。内部電源のみでは5分しかもたない。

EVAの構造:一般情報
情報コード:MI53F82B
 2000年、南極で発見された第一使徒をもとにクローン再生したものである。
 その意味で使徒と同じような共通機構を持つ。その一例が、物理域にまで影響を及ぼすΑΤフィールドである。
 エヴァと使徒との違いといえば、S2機関と魂がなかったことである。

EVAの構造:非公開情報
情報コード:0RNRU457
 エヴァとは人の形を捨てた魂の入れ物であり、自我の拡大=大きな人間として具現化したものである。
 エヴァを操作するにあたって、魂の入っていないエヴァに、魂を入れる必要があった。これをパイロットという。
 だが、パイロットだけではエヴァは動かない。あるいはきちんとした性能を発揮する事が出来ないのである。

EVAの構造:最深度情報
情報コード:BKK3JKGJ
 エヴァ=神の肉体と魂たる人間の間に格差をなくすため、コアというユニットが使われた。
 コアにはパイロットの母の魂が入れられており、これを介在して操縦が出来るのである。
 零号機が性能的に劣っていたり、開発に難儀していたのはコアのシステムがうまく作られておらず、また零号機パイロット、レイに母がいなかったためである。

EVA初号機:広報公開情報
情報コード:XF6OYVDP
 パイロットはサード・チルドレン、碇シンジ。テストタイプのエヴァンゲリオンである。

EVA初号機:一般情報
情報コード:WITUD1RS
 初号機の開発過程において、接触実験の被験者となったのは、シンジの母である碇ユイであった。
 尚、被験者の碇ユイは、2004年、自ら希望して初号機との接触実験を行い、命を落としている。

EVA初号機:非公開情報
情報コード:M8U2YVYN
 通常、エヴァのコアにはパイロットとのリンクのために、パイロットの母の魂が入っている。
 初号機の場合、ユイの魂である。

EVA初号機:最深度情報
情報コード:M0Z4INF9
 ゼーレにとっては、かねてから裏切りの気配があるゲンドウの息子が初号機のパイロットという事を危険視している。
 神の魂になる存在は、思い通りになる存在がいいとゼーレは考えていたのである。
 一方、ゲンドウは初号機を自分の思い通りになる神にしようと企てている。

セカンド・チルドレン:広報公開情報
情報コード:9EF0CZ8B
 惣流・アスカ・ラングレー、エヴァ弐号機パイロットである。
 国籍はアメリカだが、ドイツと日本の血が流れるクォーターである。
 14歳でドイツの大学を卒業。

セカンド・チルドレン:一般情報
情報コード:Y1K088PT
 アスカの母、惣流・キョウコ・ツェッペリンがエヴァとの接触実験を行っている。
 その結果、自分の娘を認識出来ないほどの重度の精神障害に陥った。

セカンド・チルドレン:非公開情報
情報コード:CXUI8OB3
 母親のエヴァとの接触実験後、ほどなくマルドゥック機関より、アスカは弐号機パイロットとして選出される。

セカンド・チルドレン:最深度情報
情報コード:5WCBV6FU
 アスカの母はEVAのコア実験の際に魂の一部、その中でも娘を愛する母性の部分だけがエヴァ弐号機に残った。
 母が娘を認識できなくなったのはそのせいである。

碇ユイ:広報公開情報
情報コード:DHD5KKHY
 碇シンジの母であり、ゲンドウの妻。2004年に死亡、享年27歳。

碇ユイ:一般情報
情報コード:ROMQB9GL
 碇ユイは、優秀な遺伝子工学の権威でもあった。
 2004年、開発中の初号機に接触実験を行い、その実験中に死亡したとされる。

碇ユイ:非公開情報
情報コード:VKUFHR7K
 ユイは、接触実験の被験者となった事で初号機にその魂を宿らせる事になった。
 シンジが初号機パイロットになったのも、ユイの魂が宿っているからである。

碇ユイ:最深度情報
情報コード:6VDGC5G5
 ユイは、ゼーレの有力者の子女の一人であり、ゼーレの計画すら、それなりに理解出来る立場にあった。
 ゲンドウはそれを知っており、ユイに近づいた。

碇ゲンドウ:広報公開情報
情報コード:BGZGUJT2
 ネルフの最高司令官であり、碇シンジの父である。
 目的のためには手段を選ばない冷徹な性格の持ち主であり、部下からは少々苦手とされている。

碇ゲンドウ:一般情報
情報コード:DA1R8ASP
 かつて存在したゲヒルン、人工進化研究所の所長を務めていた。
 情報操作、隠蔽工作を得意とし、ネルフの運営資金を得るために活動する。

碇ゲンドウ:非公開情報
情報コード:N5K0O563
 ゼーレと繋がりがある碇ユイと結婚し、自らもゼーレの一員となってE計画、人類補完計画、ネルフの実行責任者などの要職を歴任している。
 ゼーレの構成員になったばかりの頃、南極へ向かった葛城調査隊の監査役をしていた。

碇ゲンドウ:最深度情報
情報コード:K05CMXMA
 ゲンドウは、ゼーレと同じく使徒の殲滅および、人類補完計画を目的としていたが、その実体は死んだユイと再会する事を目的としている。
 ゲンドウは反逆の意志を悟られないよう動きつづけ、ゼーレはこれを厳しく監視し、場合によっては脅しをかけている。

特務機関ネルフ:広報公開情報
情報コード:48BGV1LT
 使徒の調査、研究およびその殲滅を目的とする国連直属の特務機関である。
 本部は第3新東京市、アメリカに第1支部、第2支部、ドイツに第3支部がある。

特務機関ネルフ:一般情報
情報コード:0KGV28DH
 政府とネルフとの関係はあまりいいものではなく、使徒が来るのはネルフのせいだと考えている。
 ネルフの予算承認権は国連の小組織である人類補完委員会が持っている。

特務機関ネルフ:非公開情報
情報コード:1W98Z0QP
 ネルフは、使徒を殲滅するという目的の一方で、人類の進化=神への道をも目指している。
 両方の目的達成は、一つのキーの存在によって行われる。
 それが、エヴァである。

特務機関ネルフ:最深度情報
情報コード:GL57QN3Z
 ネルフ本部は、リリスを入れた黒い月の中に作られている。
 使徒がネルフ本部を目指してやって来るのは、ターミナルドグマにある白い巨人、リリスに接触するためである。
 使徒は、アダムではなく初めからリリスを目指していたのである。

マルドゥック機関:広報公開情報
情報コード:LA7ZC5U2
 該当データなし。

マルドゥック機関:一般情報
情報コード:ML5BBKXI
 エヴァのパイロット選出のために、設けられた人類補完委員会直属の諮問機関である。
 非公開に活動している事もあり、組織の実態は不透明である。

マルドゥック機関:非公開情報
情報コード:5UJQO1MA
 マルドゥック機関を構成する、108の関連企業はすべてダミーであり、本来そのような組織は存在しない。
 マルドゥック機関からネルフに提出されていた報告書は、実はネルフ内で作成されていたものである。

マルドゥック機関:最深度情報
情報コード:EMO0GO1Z
 マルドゥック機関による適格者選抜の偽装が必要な理由は、適格者をゲンドウが任意に選ぶ際、表向きにそれを出さないためにある。

ゲンドウの野望:広報公開情報
情報コード:0E9V4YJT
 特務機関ネルフの最高司令官として、サードインパクトを未然に防ぐため、使徒殲滅を目的とする。

ゲンドウの野望:一般情報
情報コード:2FL0BFTL
 使徒の殲滅および、人類補完計画を遂行する事を目的としている。

ゲンドウの野望:非公開情報
情報コード:6NADPSA3
 ゲンドウは神への道(人類補完計画)を目指すふりをしながら、その実体は死んだユイと再会することを目的としている。
 ゲンドウが初号機にこだわり、初号機において神への道を開こうとしていたのは、その一点を問題にしていたからであった。

ゲンドウの野望:最深度情報
情報コード:B38LO70Y
 ゼーレがゼーレの意のままに扱える神を用意しようとしていたのに対して、ゲンドウは、自分の思い通りに動く神を作ろうと、裏では己の目的のために計画を進めていた。
 ゲンドウは、復元中のアダムの欠片と融合し、レイ=リリスとの融合を経て初号機との融合(ユイとの再会)を果たそうと思っている。

ネルフの歴史:広報公開情報
情報コード:25EUPQWZ
 使徒と呼ばれる物体に対する調査、研究 および、殲滅を目的として国連直属の特務 機関として2010年に結成された。

ネルフの歴史:一般情報 情報コード:8KXZG59O  ネルフはゼーレの目的を体現する実行組織 であり、最も重要な組織となる、ゲヒルン 時代とは違い、半ば公然とした組織である。  セカンドインパクトにより、ゼーレは むしろ先鋭化し、強力に計画を推進し始めた。  ともかくも神の奇跡は本当に実在し、神に 限りなく近い存在であるアダムも実在したの である。

ネルフの歴史:非公開情報 情報コード:BTBTZIU9  アダムの発見は、確信となって、ゼーレの 背中を押した。  黒い月、即ち箱根の発掘とリリスの発見、 人工進化研究所の設立とそれに続くゲヒルン の構築、人類限界説の流布、人類補完委員会 の設立、使徒との戦闘をにらんだ国連主導の 世界構築。  これらは、セカンドインパクトに前後して 一斉に行われた。  そして、アダムの復活計画=E計画。  聖書で言うアダムの肋骨から創ったという それは、EVAと呼ばれた。 これらは順次行われ、そして今に続くことに なる。

ネルフの歴史:最深度情報 情報コード:1EGCYK53  人類補完委員会。 本来は国連の小委員会でしかないそこは、 実質上世界を手玉にとるゼーレの下部組織で ある。  この委員会は人類限界説を根拠とし、 その対処を検討する存在として設立され、 自前の研究機関を持つことになった。 これを人工進化研究所という。  人工進化研究所はアダムの破片を手に入れ たことで、ゼーレのより強い介入を受け、 組織体系を強化、実質上の直轄下部組織、 秘密組織ゲヒルンとなった。  ゲヒルンは準備組織であり、次なる組織 であるネルフの下地となった。 そうして、ネルフが作られた。

人類補完計画の内容:広報公開情報 情報コード:I2V66MFO  該当データなし。

人類補完計画の内容:一般情報 情報コード:CDYE7PF2  E計画、アダム計画と並ぶネルフの三大 計画の一つで、ゼーレがもっとも重要視する ものである。

人類補完計画の内容:非公開情報 情報コード:CEVEGQSN  人類補完計画とは、不死を目指す計画で ある。  エヴァはゼーレにとって重要な存在で、 神への道を開く一つの鍵だった。  なぜならそれが、神にもっとも近い アダムのコピーだったからである。  まだ足りないものこそいくつかあるが、 その部分さえどうにかすれば、人は神か、 あるいはそれに限りなく近い存在を手に 入れることが出来ると思われた。  それは人の足りない部分を補完する事で 神への道が開かれるというゼーレの教義でも ある。  人は神を拾ったら、何をするか。 自分も神になろうと思ったのである。

人類補完計画の内容:最深度情報 情報コード:HHQ1OPNF  使徒との戦いが行われる一方、人が神へ 至る道も、計画化されて進んでいた。  それは一つにS2機関の搭載による魂の座 である神の肉体=EVAの完成である。  次に魂の混入の後、最後に天敵であり、 保安装置であるロンギヌスの槍を消滅させる 事で、誰によっても滅する事の出来ない神に 近いものが完成する。 あるいは神そのものが。  ゼーレはこの人の作りし神によって、 優良な者(自分達)を神に近いところへ 導くつもりであった。

ゲヒルン:広報公開情報 情報コード:I6XWNE5S 該当データなし。

ゲヒルン:一般情報 情報コード:JM7EPH4Q  ネルフの前身ともいえる調査組織。  2010年、赤城ナオコがマギシステム を完成させると同時に解体。  赤城ナオコを除き、構成員は全計画の 遂行組織としてネルフに移行した。

ゲヒルン:非公開情報 情報コード:TUDSK93W  ゲヒルンとは、人工進化研究所のゼーレの 裏向きの機関の名称。  人工進化研究所は国連に認められた株組織 で、人工進化の研究を表向きの目的として 行っていた。

ゲヒルン:最深度情報 情報コード:3FD9NNDR  ゲヒルンの目的は、アダム再生計画 (E計画)。 実際はコピーを作る事=EVAを作る 事であった。  そして、より実行に近づき拡大した スタイルとしてネルフを結成した。

ゼーレ:広報公開情報 情報コード:XRYNI4F6 該当データなし。

ゼーレ:一般情報 情報コード:1AG8WX4Z  人類補完計画を遂行するためにネルフを 背後から操る秘密結社。  ネルフの資金のほとんどはここから出て いる。

ゼーレ:非公開情報 情報コード:LK5XCGSP  中世暗黒期に誕生した、秘教秘密結社。 元は、宗教教団であった。  ゼーレはゆるやかに確実に勢力を伸ばし、 ついに1900年代中頃には最後の抵抗勢力 を叩き潰して人類世界を裏から支配する隠然 たる勢力となった。  これは2015年現在も続いている。

ゼーレ:最深度情報 情報コード:VQ3G8VCB  裏死海文書を手に入れたゼーレは、 それまで先祖の世迷い話程度にしか思って いなかった教義にもう一度目を向ける事に なった。  神の奇跡を、預言という形で目の当たり にしたことで、信心に立ち返ったといって いい。  教義とはアダム・カダモンへの道、 すなわち不老不死の神に近づく事である。

ΑΤフィールド:広報公開情報 情報コード:BWYGM13K  使徒とエヴァだけが発生させる事が出来る 絶対的な物理防壁。  使徒のΑΤフィールドの前には、地球上の あらゆる通常兵器は歯が立たない。  使徒との戦闘においては、エヴァがΑΤ フィールドを中和する。

ΑΤフィールド:一般情報 情報コード:RPH8GMDG  人間にもΑΤフィールドはあるが、使徒 ほどの強力な力を持たないと、物理力に影響 を与えられない。

ΑΤフィールド:非公開情報 情報コード:63II2TLZ  魂の座が肉体で、それを決定するのが ΑΤフィールド=自我(他者と隔てる心 の壁)である。  人が人たりえるのは、人がそう思って いるからである。

ΑΤフィールド:最深度情報 情報コード:BBLMZYJL  ΑΤフィールドの拡大、それの極限は 無制限の自我=神であり、その前で人は 自我を崩壊してLCLに戻る。

S2機関:広報公開情報 情報コード:1WW10T6Z  該当データなし。

S2機関:一般情報 情報コード:4PASNWGF  スーパーソレノイド機関という、使徒の 永久動力機関である。  自己修復機能、変形などの生物の常識を 超えた使徒の能力はこれによるものと思わ れる。

S2機関:非公開情報 情報コード:P7YNO2YF  S2機関の理論は葛城博士によって提唱 された。  世界は螺旋で出来ており、DNAと同じ その形からエネルギーを得ている。  ここから螺旋のエネルギー=無尽蔵の エネルギーを得ようとするエンジンとして S2機関の存在が構想されていた。

S2機関:最深度情報 情報コード:FR0SD261  生命の実。  エヴァがアダムと同等の存在になるために 足りない物の一つである。

使徒:広報公開情報 情報コード:572C7QJU 該当データなし。

使徒:一般情報 情報コード:K194QG5F  生物/非生物の概念を越えた、正体不明の 人類の敵。  通常兵器による攻撃では、まったく歯が 立たず圧倒的な攻撃力を持つ。  第3新東京市地下、ジオフロントにある ネルフ本部を目指して侵攻して来る。

使徒:非公開情報 情報コード:EXDDWFED  アダムから生まれた生命こそが使徒で ある。  一方、リリスから誕生したのは人類で ある。  リリスから誕生した生物に比べて、 巨大で単一という性質を有する生物であ る。  アダムベースの生命は、本来地球で芽 吹き、そこで繁栄するはずの生命だった。

使徒:最深度情報 情報コード:OW3T42XT  一つの星に二つの生命の種はいらない、 だから、片方は排除する。  裏死海文書に記された内容通りに、 アダムベースの生命は己の生存をかけた 生存競争を挑んできた。  あるものは、リリスにアクセスすること で全生命にリセットをかけようと、あるも のは何も考えず、あるものは始祖アダムを 取り返すために。  それぞれの生存繁栄戦略の元、アダム ベースの生命、使徒は動き出すことに なった。

アダム:広報公開情報 情報コード:V0R9CMM4 該当データなし。

アダム:一般情報 情報コード:Y59F0NNU  第一使徒。  ターミナルドグマで磔にされている白い 巨人。

アダム:非公開情報 情報コード:A2LQ2S5B  第一始祖民族によって地球に着床した、 生命の始源たる存在。  葛城調査隊により南極で発見されたが、 調査中、S2機関の人為的暴走により ばらばらの肉片となって退化した。

アダム:最深度情報 情報コード:SN0XT25D  アダムには魂がなかった。セカンドイン パクトの時、肉体がばらばらになり、魂は どこかに飛んでいたのである。  魂は後にゼーレによって回収、受肉され、 これは渚カヲルという形になる。  カヲルにしてみればエヴァは自分の身体の 一部だから、自由に扱える。ただし、中には 入れない。なぜならその身体には、魂 (パイロットの母の)があるからである。

死海文書:広報公開情報 情報コード:XOXCOQ7I  該当データなし。

死海文書:一般情報 情報コード:81LMRAB2  使徒の出現時期が記されていた預言書、 未来記である。

死海文書:非公開情報 情報コード:GR0C3S6P  ゼーレは、巨額の富を持つがゆえに芸術 や学術のパトロン集団という側面も持って いた。  人工進化研究所、ゲヒルンなどは、全て ゼーレの出資によるものである。  元が宗教教団であったためか、ゼーレは 己の宗教の遺構調査の資金援助等も良くこな した。  この中でゼーレにとっても、人類にとっ ても重要な転機となるものが発掘される。  裏死海文書である。

死海文書:最深度情報 情報コード:XHTZ1SUB  裏死海文書は、第一始祖民族が生命の種 (始源の存在)と、保安装置であるロンギヌ スの槍の使い方を記したマニュアル、あるい は運用時の計画書を、宗教集団が己の教義に あてはめつつ写本したものである。  過去の計画書で今も動きつづける点では、 預言書である。  それまでゼーレ自身は断片的にその内容、 存在を知っていたが、まさか実際に存在し、 意味ある預言が存在し、完全に近い形で出て くるとは、思ってもいなかったのである。  それはすぐさま本部に送られ、そして、 事実自体はすぐに情報操作されて隠蔽される ことになった。  後に公表された重要でないものを死海文書、 ゼーレが持ち去ったものを、裏死海文書と いう。

第一始祖民族:広報公開情報 情報コード:C9M2NZ7W 該当データ無し。

第一始祖民族:一般情報 情報コード:HB5W6JMG  使徒を創ったとされる存在。 その目的の詳細は不明である。


第一始祖民族:非公開情報 情報コード:E8Y2IE1Z  最初に宇宙人がいた。  第一始祖民族とも言われるその人型種族は、 銀河系の各地に生命の種をばら蒔き始めた。  その理由がなんだったのか、何を目指して いたのか今となっては、分からない。  はっきりしている事は複数の種がばら蒔か れた事である。  運の悪い事に、そのうち二つが、たま たま同じ星に落ちた。  白い月のアダム、そして黒い月のリリスで ある。

第一始祖民族:最深度情報 情報コード:VEOKCQ3Q  第一始祖民族は月というキャリア(運び 屋)の中に完全なる空洞(これも月)を 作り、そこに始源の存在という種を入れて 宇宙に送り出した。  それこそが、彼らのテクノロジーであり また、使徒や人類からすれば、彼らは神とも 言える。

第二使徒:広報公開情報 情報コード:FXY119G8 該当データなし。

第二使徒:一般情報 情報コード:I2T60CLT  第二使徒はリリスという。  黒い月を運ぶ、月(地球の衛星となった) から来た。  月と地球の接触による、ジャイアント インパクト=ファーストインパクトを引き 起こした。

第二使徒:非公開情報 情報コード:QWJ25NRD  ターミナルドグマに磔にされている白い 巨人であり、猿やイルカ、最終形態として リリン、すなわち人類を生み出した。  なお、LCL液体は、リリスの体液で ある。

第二使徒:最深度情報 情報コード:35GWNL05  リリスには魂がなかった。そして、その 魂は、レイに宿っていた。  レイの肉体のコピーはいくらでも作れたが、 レイそのものが常に一体しか存在しえなかっ たのはこのためである。  レイはユイの肉体のコピーではあっても、 魂はそうでなかったのである。

セカンドインパクト:広報公開情報 情報コード:WKQ2Q0YZ  2000年9月13日、南極に巨大隕石が 落下した。  これによる大爆発で発生した大津波と溶け 出した氷により、海抜は数十メートル上昇。 南半球諸島あわせて20億以上の人々が 死亡。  爆発のエネルギーで地軸は曲がり、地球 規模で気象は変化し日本は常夏の国になって しまった。  このセカンドインパクトにより、世界各地 で干ばつ、洪水、噴火や異常気象が発生。  各国に経済恐慌と内戦が起きた。

セカンドインパクト:一般情報 情報コード:BKSRY9NO  2000年、人類は最初の使徒と呼称する 人型の生命体を南極で発見。 その調査中に原因不明の大爆発が発生した ものである。  一般に知られている隕石衝突による説は、 情報操作されたものである。

セカンドインパクト:非公開情報 情報コード:XXC9Q1JN  セカンドインパクトの原因となった、 第一使徒アダムは、南極で葛城調査隊に より発見された。  ゼーレによる出資で葛城調査隊はアダムと ロンギヌスの槍が入った白い月を発見する事 になる。

セカンドインパクト:最深度情報 情報コード:EPS351D3  人間は、もう一つの生命の種であるアダム を目覚めさせてしまった。  葛城調査隊はロンギヌスの槍を使い必死に 再封印しようとするが、失敗。  最終的にはS2機関の人為的暴走と思わ れる(詳細は、調査隊が全滅しているために 不明)現象で、完全な破局=ΑΤフィールド 消失による全生命のリセットとアダムベース の生態系構築だけは阻止される形になった。  これを、セカンドインパクトという。  この事件でアダムは、ばらばらの肉片と なってしまった。

サードインパクト:広報公開情報 情報コード:5RWMKO71 該当データなし。

サードインパクト:一般情報 情報コード:KPNQOROC  ネルフ職員には使徒がターミナルドグマの 白い巨人、アダムと接触するとセカンドイン パクト同等の爆発が起こると説明されている。  実際には人類補完計画の発動となる。

サードインパクト:非公開情報 情報コード:LQ4N6PC2  ターミナルドグマのリリス、またはアダム のどちらかでも使徒が接触すると、サード インパクトが発生するとされる。

サードインパクト:最深度情報 情報コード:ZBNPQU90 サードインパクトの正体は、人が人の境界 を失い、人が融けることを言う。  生命は終末を迎え(終末の内容は不明)、 ΑΤフィールドを失う(人間の形も維持 出来なくなる)。

ロンギヌスの槍:広報公開情報 情報コード:26JZHIT7 該当データなし。

ロンギヌスの槍:一般情報 情報コード:8YW0RQWN  南極で、白い月からアダムと共に発見 された。  ロンギヌスの槍は本来生命の種とセットに なった保安装置である。

ロンギヌスの槍:非公開情報 情報コード:X4UN6UBU  意志を持った槍であり、自力で移動する 能力も持つ一種の生命体である。  これは神に近い=不死の力を持った生命の 種(始源の存在)の動きを停止させる事が 出来るアイテムであり、生命の種(始源の 存在)が神に及ばない、その理由でもある。  第一始祖民族は生命の種(始源の存在)が 自分達の目的に沿わないときの対策として これを用意していた。  リリスと対になっているロンギヌスの槍は おそらくファーストインパクトの時の衝撃で リリスから抜けて離れ離れになったと思われ る。  この槍は今も見つかっていない。ひょっと すれば破壊されたのかもしれない。

ロンギヌスの槍:最深度情報 情報コード:6CYBBGQH  ゲンドウやゼーレが、神への道を開く ためにそれまでやってきたリリスの増殖を 最終段階まで一時的に止めるために、ネルフ はアダムとセットになっていたロンギヌスの 槍を、輸送する事になる。

ダミープラグ:広報公開情報 情報コード:J0BZAQ5V 該当データ無し。

ダミープラグ:一般情報 情報コード:DJJBZ3TG  ダミーシステム用に開発された、エント リープラグ。パイロットがいなくても、 エヴァをパイロットがそこにいるかのように 思わせる事で起動させる事が出来る。

ダミープラグ:非公開情報 情報コード:FWFERHOM  ダミープラグには、人格のコピーがされて いるが、魂はコピー出来ない。  なぜ出来ないのか、どうやればいいのか。 それはゼーレやネルフの技術部門にとって 神への道を探るために重要な研究テーマで あり、長年にわたって対処が研究されていた。 その失敗例がユイやアスカの母である。  ダミープラグとはその途中で生まれて きたものである。

ダミープラグ:最深度情報 情報コード:AK4ZQ326  ダミーシステムとは、研究の末開発された 人工的な魂である。  ただ機能的には大幅に劣り、エヴァを動か すという程度の機能しか持たせられなかった。

ジオフロント:広報公開情報 情報コード:KZWOUVTA  第3新東京市の地下に存在し、ネルフ本部 施設が建築された謎の巨大な地下空間。  直径6キロ、高さ0.9キロの半球型の 空間だが、現在はその89%が埋没している。  地上の集光ブロックから光ファイバーに より太陽光が送り込まれ、地上と同様の明る さを保つ。  建築されているのは、ネルフの施設が ほとんどだが、民間人の避難シェルターも 存在する。

ジオフロント:一般情報 情報コード:QEMXQULA  ネルフ本部があるジオフロントとは別に、 南極にもジオフロントは存在した。  そして、その中にはアダムと称される 第一使徒が発見された。

ジオフロント:非公開情報 情報コード:H8T8UHZV  ジオフロントの正体は、ネルフ本部が あるものを「黒い月」、南極のものを 「白い月」という。  黒い月にはリリス、白い月にはアダムが 入っている。

ジオフロント:最深度情報 情報コード:ONKKCOZ5  まず、アダムを入れた白い月が地球に 落ち、本来別の星系に行くはずだった黒い 月が地球重力に囚われて、地面に激突して バウンドした後、地球の周囲を巡る衛星に なった。  リリスを入れた黒い月は、残骸だけを 残して天に残り、中の種たるリリスは、 地球に着床した。  リリスが落ちたのは今で言う南極付近 だったと思われるが、そのあとのプレート 移動によって、最終的には日本の箱根付近 にまで移動することになる。  箱根の大空洞はそれであり、後のネルフ 本部は、ここに作られることになった。

External Links